PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
市が豪雪対策本部を設置

 市は26日午後2時、豪雪対策本部(本部長・会田市長)を設置した。高柳町事務所には現地対策本部も設けた。このところの降雪で市内山間部の積雪は27日朝までに3メートルを超え、旧鵜川小と高柳町石黒では310センチとなった。

 市は16日から「豪雪警戒体制」を敷いてきたが、26日午前9時、市内9カ所の観測地点の平均積雪が161.1センチとなり、豪雪対策本部設置基準の160センチを超えた。今後は、気象状況などの情報収集、要援護者宅の除雪対策、雪崩危険箇所の巡回パトロールの強化を行っていく。今冬、市内で雪による人的被害は、雪下ろし中の転落などで重傷者3人、軽傷者1人。

(2011/ 1/27)