PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
北鯖石小・柏崎小が意見交流

 北鯖石小(高橋友子校長)の6年生36人と柏崎小(小林豊校長)の6年生69人が26日、「輝く柏崎の未来を考えよう」をテーマにした意見交流会を柏崎小で開いた。

 北鯖石小6年生は総合学習で「未来へはばたく柏崎」として柏崎の自然、歴史文化、交流の3点を学んできた。意見交流会は同校の呼び掛けに対し、「つくろう かがやき 柏崎」の学習をしてきた柏崎小が賛同して実現した。同じ中学校区でない学校が一緒に取り組んでの学習は市内では珍しい。

 この日はそれぞれの活動や取り組みを紹介し合い、さっそく5、6人のグループに分かれた。まず1人ずつが意見を発表し、メモを大洋紙に貼り付けた。その中からさらに重要と思えることをグループの考えとしてまとめ上げ、書き込んだ。

(2011/ 1/28)