PHOTOニュース

満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)

>>過去記事一覧
市水田農業推進協が11年産米の目標配分

 柏崎市に配分された2011年産米生産目標を地区別に配分する市水田農業推進協議会通常総会が28日、柏崎農協本店で行われ、配分案を承認するとともに、新年度から正式にスタートする農業者戸別所得補償制度について、北陸農政局新潟農政事務所から概要説明を聞いた。

 協議会長の今井長司・柏崎農協経営管理委員会会長はあいさつで、モデル事業だった10年度の戸別所得補償制度で市内に約5億5千万円、管内全体では7億円を超える金額が入ったことから「米価下落の中で、農家経営、地域経済の大きな下支えになった」と評価。大雪による農業施設への被害、ラニーニャ現象による春の低温を心配した。

(2011/ 1/29)