PHOTOニュース

小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)


炭の上で燃やしたツキガシラで今年の天候を占った「炭置き」神事=14日夜、市内北条・山本の熱田社 (2018/01/15)


1時間目の「地理歴史」「公民」の2科目選択の受験生に、袋詰めされた問題冊子を配る試験官=13日午前9時過ぎ、新潟工科大 (2018/01/13)

>>過去記事一覧
瞽女唄で越後の風土語る

 市内西山町の二田コミュニティ振興協議会(近藤貞之会長)は30日、瞽女(ごぜ)唄伝承者・萱森直子さん(52)=新潟市=を招き、瞽女唄を聞く会を二田コミュニティセンターで開いた。

 萱森さんは、「最後の瞽女」と呼ばれた無形文化財伝承者・小林ハルさん(2005年に105歳で死去)の弟子として瞽女唄の伝承に取り組み、長岡、高田両系統の瞽女唄を継承する。歌手の石川さゆりさんの3・4月公演「夢売り瞽女」で唄を指導した。

 この日は地域の約70人が来場。萱森さんは生き別れの父を探し訪ねる母子の物語「石童丸」などを1時間半にわたり歌った。演奏の合間に、野趣あふれる瞽女唄の魅力、芸のすごみ、亡き師匠の指導とエピソードなどを語った。

(2011/ 1/31)