PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
市人事、部課長級は30人異動

 市は11日、4月1日付の定期人事異動を発表した。部課長級の異動は30人。財務部長に長井武彦産業振興部長が就任するほか、後任の産業振興部長に渡部智史観光交流課長、教育部長に本間敏博教育総務課長を起用する。全体の異動規模は363人。前年は教育委員会への子ども課移管により大規模だったが、今年はそれを75人下回った。退職は48人、新採用は29人。

 組織・機構面では、職員の不祥事が相次いだことを受けて、人事課に内部統制・法務担当の主幹を配置。農林水産課を、基盤整備などハード面担当の農林水産課と、農地集積や担い手育成などソフト面担当の農政課に分割する。国営土地改良事業室は農林水産課国営事業係で業務を行う。中越沖地震の復興支援室は、市民活動支援課長が室長を兼務し、業務は同課活動推進係が担当する。また、教育センター、青少年育成センターを独立の課とし、課長級職員が両センター兼務の所長を務める。新市民会館整備推進室は、新館の名称が決まったことに伴い、文化会館整備推進室に変更する。

(2011/ 3/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。