PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
市が震災被災地へ職員派遣や救援物資

 東日本大震災で市は、被災地の支援を本格化させ、給水や救助に職員を派遣したほか、福島県の原発立地4町に向け、毛布などの救援物資を搬送した。 

 市ガス水道局からは12日夜、坂井法夫・お客様サービス課長代理を隊長に職員4人が加圧式給水車(容量2トン)とともに、応援要請のあった仙台市の水道局に向かった。会田市長は「日本で最大級、未曽有の災害であり、いろいろな困難が想定される活動だが、安全に、体に注意して被災者のために頑張ってもらいたい」と激励。坂井隊長は「中越沖地震で多くの支援を受けた。その時の感謝の気持ちを胸に頑張りたい」と決意を述べた。「頑張れ」の声と拍手の中、市内鏡町の庁舎を出発した。

(2011/ 3/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。