PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
柏工生が長野県北部地震被災地で活動

 長野県北部地震で震度6強を観測した同県栄村で27日、柏工防災エンジニアコースの1、2年生15人が震災ごみ分別のボランティア活動を行った。 

 村からの要請で学校の呼び掛けに、2年生12人、1年生3人が参加。正副PTA会長と小杉克彦校長、引率教師3人が同行し、車5台で学校を出発。作業は午前9時から昼食をはさんで午後4時半まで行った。

 日中は時折雪が降ったり、日が差したりと、めまぐるしく変わる天気。生徒はそろいの雨具を着込み、栄中学校グラウンドに設けられた震災ごみの集積場に運び込まれる木くず、金属、家電、古紙などの仕分け、搬出の作業を行った。 

(2011/ 3/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。