PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
市議選分析、現職の多くが票減らす

 24日に投開票が行われた柏崎市議選(定数26)は、投票率が66.64%で、前回を4.52ポイント下回る過去最低を記録したことから、立候補した現職21人のうち15人が前回票を減らした。一方、新人9人の総得票は、同数の新人が立った前回より2758票多い1万5051票。議席に届かなかったのは現職・新人とも2人ずつだが、全体的には現職にとって厳しい戦いだった。 

 今回の市議選は、有力とされた現職・新人7人が2千票以上を獲得。トップ当選だった市職員労組の池田千賀子氏のほか、東京電力労組の相沢宗一氏、リケン労組の佐藤和典氏ら組織が力を発揮した。ただ、2千票台が10人に上った前回よりは上位の得票がやや減少。最下位当選は866票から992票へと126票上がった。

(2011/ 4/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。