PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
市内の建設10社が大震災被災地へマスク2万枚

 市内の建設会社10社の若手経営者らでつくる「正倫会」(正しい建設倫理を追究する会)は21・22日、仙台市内など東日本大震災の津波被害に遭った4小中学校にマスク2万枚を届けた。 

 同会は、人としての道徳観や企業倫理について学んでいこうと、昨年10月に発足。今年最初の活動として大震災の被災地支援を計画した。テレビで粉じんが舞う光景を見たことから、子どもたちの健康を守るために少しでも役立ちたいとマスクを用意した。

(2011/ 4/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。