PHOTOニュース

雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)


小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)

>>過去記事一覧
西防波堤で釣り大会、高波事故後初の許可

 市と柏崎地域観光復興推進協議会が24日、市内番神1の柏崎港西防波堤で第2回「夕海釣り大会」を行い、事前に申し込みがあった約80人の釣り人でにぎわった。柏崎釣遊紳士会が安全管理に全面的に協力した。 

 西防波堤は2008年、高波による事故以来、釣りが全面禁止となっていた。今回、昨年の釣り大会の実績を踏まえて全長約2.3キロの防波堤の陸側約400メートルの区間の立ち入りを県が許可した。

 当日は午前4時半から受け付けを開始したが、すでに4時前から釣り人が集まっていた。多くは長野県からの釣り人で、茨城県水戸市から駆け付けた人もいた。

(2011/ 9/26)