PHOTOニュース

生産者から出荷され、選別を待つタマネギ。鉄製の大きなかごには400キロ入る=刈羽村刈羽、柏崎農協集荷選別場 (2018/06/22)


江戸時代からの家族の歴史、農業の変遷を著書にまとめた今井長栄さん=市内岩上 (2018/06/21)


日本の勝利が決まり、肩を組んで喜ぶサポーターたち=19日夜、東本町1 (2018/06/20)

>>過去記事一覧
観光いちご園が7日からプレオープン

 市内鯨波、ファームくじらなみ(吉原みや子社長)の観光いちご園が7日からプレオープンする。昨年12月下旬の寒波で、イチゴの熟すペースが遅くなっており、収量確保のため、1月は土・日曜(14・15日を除く)のみ営業。2月第1週も土・日曜営業とし、11日以降から通常営業(月・金曜休園)の予定だ。 

 同社では昨年夏、先行して県推奨いちご「越後姫」を栽培・出荷している吉原工業(吉原明社長)の有限責任事業組合ハウスに隣接し、広さ約1千平方メートルのハウスを2棟建設。秋に約1万株のイチゴの苗を定植していた。

(2012/ 1/ 5)