PHOTOニュース

東京五輪への機運を高めようと、市内でも五輪旗などが巡回しているフラッグツアー=11日、市総合体育館 (2017/12/12)


朗読と演奏、スライドショーなどで楽しんだ「ライブラリー・ライブ」=10日、ソフィアセンター (2017/12/11)


つきあがった餅を臼から取り出し、平らにのばす水品社長=市内中田、光月堂 (2017/12/09)

>>過去記事一覧
県内弁護士グループが柏崎原発運転差し止め提訴へ

 東京電力福島第一原発の事故を受け、県内弁護士グループが東電を相手に柏崎刈羽原発全7基の運転差し止めを求める訴訟を新潟地裁に起こす準備を進めていることが9日までに明らかになった。今後、弁護団を結成し、原告を募る。6号機が定期検査に入って全号機停止となる見通しの3月をめどに提訴する考えだ。 

 福島第一原発事故後、原発立地地域などの弁護士で結成した脱原発弁護団全国連絡会が、各地で運転停止などの訴訟を呼び掛けており、本県でもこれに呼応した。柏崎刈羽原発をめぐる裁判は、2009年に原告住民側敗訴が確定した1号機の原子炉設置許可取り消し訴訟以来となる。 

(2012/ 1/10)