PHOTOニュース

くす玉を割って、支持者と一緒に当選を喜ぶ鷲尾英一郎さん(左から3人目)=22日午後10時前、燕市秋葉町 (2017/10/23)


シンガポールのようかん展示会に出展する市内新野屋の「くろ羊かんミニ」 (2017/10/20)


ともし火を手に、看護の道へまい進を誓った戴帽式=18日、新潟病院附属看護学校 (2017/10/19)

>>過去記事一覧
どんぶり選手権で「鯛茶漬け」善戦

 東京ドームで7日から始まった「ふるさと祭り東京・全国ご当地どんぶり選手権」に出場している柏崎地域観光復興推進協議会の「鯛(たい)茶漬け」は4日目を終わった時点で前回を上回る集客力を見せている。関係者は「最終日の15日まで油断はできないが前半は順調」と前回の3位からさらなる上位を狙う。ただし、今回は中間発表がなく、正確な順位が不明のため、スタッフは毎日、投票箱の重さをそっと量るなど情報収集に努めている。結果発表は最終の15日夕。

(2012/ 1/12)