PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
地域の会が原発安全・防災対策を国に要望

 東京電力柏崎刈羽原発を地元住民で監視している「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」が25日、福島第一原発事故を踏まえた原発の安全・防災対策について、立地地域住民の意見を反映させることなど4項目を国に要望した。新野良子会長ら5人の運営委員が、「地域の会」の事務局がある柏崎原子力広報センターに集まり、経済産業省原子力安全・保安院の飯野晋・柏崎刈羽原子力保安検査官事務所長と、同省資源エネルギー庁の磯部隆・柏崎刈羽地域担当官事務所長に要望書を手渡した。 

(2012/ 1/25)