PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
地域の会が原発安全・防災対策を国に要望

 東京電力柏崎刈羽原発を地元住民で監視している「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」が25日、福島第一原発事故を踏まえた原発の安全・防災対策について、立地地域住民の意見を反映させることなど4項目を国に要望した。新野良子会長ら5人の運営委員が、「地域の会」の事務局がある柏崎原子力広報センターに集まり、経済産業省原子力安全・保安院の飯野晋・柏崎刈羽原子力保安検査官事務所長と、同省資源エネルギー庁の磯部隆・柏崎刈羽地域担当官事務所長に要望書を手渡した。 

(2012/ 1/25)