PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
水球日本男子、五輪出場ならず

 ロンドン五輪予選を兼ねる水球アジア選手権3日目の26日、千葉県国際総合水泳場で日本男子はカザフスタンに4−6で惜敗し、28年ぶりの五輪出場の夢は絶たれた。日本女子も中国に6−18で敗れ、2戦2敗で最下位になった。 

 アジア選手権は男子4カ国、女子3カ国が出場し、男女の1位国が五輪切符を手にする。この日、日本男子は五輪出場をかけた天王山となるカザフスタン戦とあって、会場には大勢の観客が詰め掛けた。柏崎からもブルボンKZ応援バスを繰り出し、現地に直接駆け付けた人も含め約100人が最後まで五輪出場を信じ、声を振り絞って応援した。会場には荒浜小児童の手形で作った「絆」の応援幕も張り出された。 

(2012/ 1/27)