PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
演劇フェス2月下旬まで多彩に

 柏崎演劇フェスティバル(かしわざき振興財団、市産業文化会館主催)が28日から、産文会館文化ホールで今年の舞台の幕を開けた。市内のアマチュアグループ「劇団のあ」(小林優子代表)が初回を飾り、いてついた冬の夜に熱のこもった演技で楽しませた。この後、フェスティバルは2月下旬まで続く。

 フェスティバルは今年で18回目。劇団のあの上演作品は2005年にノーベル文学賞を受けたイギリスの劇作家・ハロルド・ピンターの「かすかな痛み」。

(2012/ 1/31)