PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
刈羽村の「とうりんぼ」竣工を祝う

 刈羽村が東京電力の寄付で人工芝サッカー場などを整備した地域共生事業の複合施設「ぴあパークとうりんぼ」が完成し、25日、秋晴れの中で、約170人が出席して竣工(しゅんこう)式典が行われた。東電の計画提案から10年7カ月を経て、10月1日にオープンする。

 敷地は刈羽村刈羽の約8.8ヘクタール。村が整備し、民間会社が経営する宿泊交流センターは、人工炭酸泉などの日帰り温浴施設を備え、サッカー場2面、桃のほ場、イチゴなどの園芸管理センターも運営する。別会社の「スイーツガーデン」は和洋菓子の製造販売とカフェの営業。JA柏崎は「刈羽園芸サポートセンター」を、村と包括的連携協定を結ぶ新潟大は「刈羽村先端農業バイオ研究センター」を運営する。サッカー場の完成で、既存の源土野球場、ラピカアリーナなどを含めたスポーツによる地域活性化も広がる。

(2012/ 9/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。