PHOTOニュース

東京五輪への機運を高めようと、市内でも五輪旗などが巡回しているフラッグツアー=11日、市総合体育館 (2017/12/12)


朗読と演奏、スライドショーなどで楽しんだ「ライブラリー・ライブ」=10日、ソフィアセンター (2017/12/11)


つきあがった餅を臼から取り出し、平らにのばす水品社長=市内中田、光月堂 (2017/12/09)

>>過去記事一覧
どんぶり選手権で鯛茶漬けが悲願のグランプリ

 東京ドームで開かれていた「第4回全国ご当地どんぶり選手権」は最終日の20日、結果発表が行われ、柏崎地域観光復興推進協議会(内藤信寛会長)の「鯛(たい)茶漬け」が念願のグランプリを獲得した。9日間の会期に目標の1万2千食に近い1万1644食(1杯500円)を売り上げた。第2位と3位は、それぞれ予選会を圧倒的な力で勝ち抜いてきた「米沢牛ステーキ丼」(山形県)と「八戸銀サバづけ丼」(青森県)だった。

(2013/ 1/21)