PHOTOニュース

出荷が始まった早春の味覚・タラの芽=市内南条、小畑農場のハウス (2018/01/19)


雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)

>>過去記事一覧
柏崎原発めぐる県民投票条例案を県議会で審議

 全号機が停止している東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問う県民投票条例案の審議が21日から県議会臨時会で始まった。質疑に対し泉田知事は「課題があるので、そのまま賛成することは困難だが、修正をした上で県民投票は実施すべき」と改めて明言した。自民党の代表質問に立った地元柏崎市刈羽郡区選出の三富佳一氏は、限定された地域での投票結果が国策を左右していいのかと県民投票に否定的な考えを示し、「党内議論を積極的にやって結論を得たい」と述べた。条例案は22日夕まで質疑を続け、会期最終日の23日に採決する。

(2013/ 1/22)