PHOTOニュース

生産者から出荷され、選別を待つタマネギ。鉄製の大きなかごには400キロ入る=刈羽村刈羽、柏崎農協集荷選別場 (2018/06/22)


江戸時代からの家族の歴史、農業の変遷を著書にまとめた今井長栄さん=市内岩上 (2018/06/21)


日本の勝利が決まり、肩を組んで喜ぶサポーターたち=19日夜、東本町1 (2018/06/20)

>>過去記事一覧
柏崎農協が土づくりへ成分分析

 柏崎農協(今井長司・経営管理委員会会長)が昨年秋から、旧小国町を含む管内約1千カ所の水田・畑の土を採取し、土壌の成分分析を進めている。このデータをもとに、今年秋には土壌マップを作成し、土づくりに役立てたい考えだ。

 農協では2005年度にも管内全域で土壌分析を実施した。この時の調査では、鵜川の上・中流域や高柳地域などごく一部を除き、全般に稲に体力をつけるケイ酸、収量・登熟に関係するリン酸が不足していること、さらに刈羽村などほ場整備が行われた直後の水田で土づくりがまだ十分ではないことが分かった。農協ではこれを踏まえ、農家に土づくりを指導するとともに、柏崎刈羽に適した独自の肥料を製造してきた。

(2013/ 1/29)