PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
県が原発事故の避難先候補地提示

 県は3日、東京電力柏崎刈羽原発の放射性物質放出事故に備えた広域避難の行動指針案を県防災会議原子力防災部会の会合で報告した。この中で、避難先候補地を初めて提示し、同原発立地自治体で市域が原発からおおむね5キロ圏の即時避難区域(PAZ)と30キロ圏の避難準備区域(UPZ)となる柏崎市は、村上市、魚沼市、妙高市など7市町、全村がPAZである刈羽村は村上市、糸魚川市の2市とした。

 福島第一原発の事故を受けて、県は2012年8月、地域防災計画原子力災害対策編を見直して、防災対策範囲を県内全域に拡大。その後、ワーキングチームをつくって、広域避難対策を検討してきた。

(2014/ 2/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。