PHOTOニュース

出荷が始まった早春の味覚・タラの芽=市内南条、小畑農場のハウス (2018/01/19)


雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)

>>過去記事一覧
16年産米生産目標、柏崎市は1万5563トン

 県、農業団体で構成する県農業再生協議会はこのほど新潟市内で会合を開き、2016年産米の市町村別生産目標を配分した。柏崎市への配分は1万5563.02トン。市農業再生協議会(会長・山田副市長)では近く水田農業推進部会を開いて地区別の配分数量を決定し、その後、農家組合長会議で示したいスケジュールだ。

(2016/ 1/19)