PHOTOニュース

くす玉を割って、支持者と一緒に当選を喜ぶ鷲尾英一郎さん(左から3人目)=22日午後10時前、燕市秋葉町 (2017/10/23)


シンガポールのようかん展示会に出展する市内新野屋の「くろ羊かんミニ」 (2017/10/20)


ともし火を手に、看護の道へまい進を誓った戴帽式=18日、新潟病院附属看護学校 (2017/10/19)

>>過去記事一覧
16年産米生産目標、柏崎市は1万5563トン

 県、農業団体で構成する県農業再生協議会はこのほど新潟市内で会合を開き、2016年産米の市町村別生産目標を配分した。柏崎市への配分は1万5563.02トン。市農業再生協議会(会長・山田副市長)では近く水田農業推進部会を開いて地区別の配分数量を決定し、その後、農家組合長会議で示したいスケジュールだ。

(2016/ 1/19)