PHOTOニュース

柏崎県関係などの貴重な資料を収集した高橋克英さん。後ろは、収集のきっかけになった「越後府」から交付された軸=市内半田1の自宅 (2018/04/23)


協定書に調印した桜井市長とセブン―イレブンの坂口マネジャー(右から3人目)ら=20日、市役所市長応接室 (2018/04/21)


春風に舞い、大池を泳ぐこいのぼり=19日、夢の森公園 (2018/04/20)

>>過去記事一覧
工科大生がVRで被災前のえんま通り再現

 柏崎まちづくりネットあいさが12日、新潟工科大建築学科飯野研究室の4年・梅田隆宏さんが卒業研究として進めている「中越沖地震前の街並みを再現したVR(バーチャルリアリティー)」の視聴会を市内東本町2のトレーラーハウス「まちのえき@えんま」で開いた。中越沖地震で被害の大きかったえんま通り商店街の被災以前の街並みが映像で表現され、他地域からの視察対応などに提供するコンテンツとしてさらに実用化を目指したいとした。西本町3の市民活動センター「まちから」でも見られる。

(2017/ 1/13)