PHOTOニュース

出荷が始まった早春の味覚・タラの芽=市内南条、小畑農場のハウス (2018/01/19)


雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽の各地で小正月「さいの神」

 小正月の行事「さいの神」が15日、柏崎刈羽各地で行われ、縁起物が威勢よく燃えた。このうち、刈羽村上高町集落(近藤博常区長、約140世帯)では農村公園に約70人が集まり、雪交じりの天候の中、にぎやかに新年の行事を楽しんだ。

(2017/ 1/16)