PHOTOニュース

病院祭で実施されたドクターヘリによる患者搬送訓練。大勢の関心を集めた=14日、医療センター駐車場 (2017/10/17)


一般販売開始に先立ち、予約者に引き渡された県の水稲新品種「新之助」=14日、市内田中の愛菜館 (2017/10/16)


赤坂山公園の芝生広場で行われている桜の植樹。入り口に近い場所にサークルベンチを置き、その中に高さ4.5メートルのソメイヨシノをシンボルツリーとして植えた (2017/10/14)

>>過去記事一覧
学校給食週間、楽しく“味めぐり”も

 全国学校給食週間(24〜30日)に合わせ、市内の各共同調理場でも23日から、それぞれ工夫を凝らした献立がお目見え。このうち、中央地区学校給食共同調理場では「新潟ぐるっと味めぐり」をテーマに、児童生徒に感謝の心、郷土料理のおいしさを伝えている。

 学校給食は1889年、山形県鶴岡市の寺で貧しい家庭の子どもにおにぎりと塩ザケの昼食を出したのが始まりといわれる。第2次世界大戦後、食べ物がなく、栄養失調状態の日本の子どもに世界中から食料品が送られ、学校給食として出された。週間は感謝の気持ちを忘れないでほしいと設けられた。

(2017/ 1/24)