PHOTOニュース

シンガポールのようかん展示会に出展する市内新野屋の「くろ羊かんミニ」 (2017/10/20)


ともし火を手に、看護の道へまい進を誓った戴帽式=18日、新潟病院附属看護学校 (2017/10/19)


21日から本格オープンするベーグルとクロワッサンの店「びわじまベーカリー」。右は飯塚社長=市内穂波町 (2017/10/18)

>>過去記事一覧
家庭ごみ有料化7年、処理量が減少

 市は家庭ごみの有料化から7年目の実績をこのほどまとめた。家庭系・事業系のごみの処理量は前年と比較して、粗大ごみが増えたものの、燃やすごみ、燃やさないごみ、資源物が減り、ごみ・資源物の総排出量は全体で減少した。有料化直後の大幅な減少はないものの、近年は横ばい傾向を続けており、今後もごみの排出抑制と分別の徹底に協力を求めていく。

(2017/ 1/25)