PHOTOニュース

特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)


全員協議会で産大の公立大学法人化の方向性について考えを表明した桜井市長=14日午後、市議会議場 (2018/02/15)

>>過去記事一覧
中越沖地震10年の合同追悼式16日に

 柏崎市刈羽村の15人が犠牲になった中越沖地震から16日で10年。市村主催、新潟県共催の合同追悼式が同日、復興のシンボル・アルフォーレで行われる。最大震度6強の未曽有の災害に見舞われる中で、全国からの温かい支援を受け、復旧・復興を遂げてきた。大きな被害となったえんま通り商店街の復旧工事も進むなど穏やかなまちの姿を取り戻しつつある。式では、犠牲者に哀悼の意をささげるとともに、災害で知った感謝の気持ちや絆の大切さをかみしめ、元気を発信する。

(2017/ 7/14)