PHOTOニュース

中国峨眉山市の中学生友好交流訪問団の歓迎式。桜井市長が「心からのおもてなしを」とあいさつした=24日午前、市役所大会議室 (2017/07/24)


開催中の夏季特別展「柏崎の外来生物展」=市立博物館  (2017/07/22)


周囲の緑の木々の中で大輪を咲かせた市の花「ヤマユリ」=赤坂山公園  (2017/07/21)

>>過去記事一覧
柏崎原発の再稼働は不透明なまま

 東京電力柏崎刈羽原発が中越沖地震で被災してから10年。2012年3月に6号機が定期検査を開始して以来、全7基が停止したままの状態が続いている。13年7月には福島第一原発事故を踏まえて原発の新規制基準が施行され、東電は同年9月に柏崎刈羽原発6、7号機の適合性審査を申請。今年に入って原子力規制委員会による審査が終盤を迎える中、2月には免震重要棟(免震棟)の耐震不足問題が発覚し、東電の企業体質が疑われるなど再稼働の見通しは立っていない。

(2017/ 7/14)