PHOTOニュース

特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)


全員協議会で産大の公立大学法人化の方向性について考えを表明した桜井市長=14日午後、市議会議場 (2018/02/15)

>>過去記事一覧
柏崎原発の再稼働は不透明なまま

 東京電力柏崎刈羽原発が中越沖地震で被災してから10年。2012年3月に6号機が定期検査を開始して以来、全7基が停止したままの状態が続いている。13年7月には福島第一原発事故を踏まえて原発の新規制基準が施行され、東電は同年9月に柏崎刈羽原発6、7号機の適合性審査を申請。今年に入って原子力規制委員会による審査が終盤を迎える中、2月には免震重要棟(免震棟)の耐震不足問題が発覚し、東電の企業体質が疑われるなど再稼働の見通しは立っていない。

(2017/ 7/14)