PHOTOニュース

県内トップを切った水稲新品種「新之助」を収穫=22日、市内佐藤池新田 (2017/09/22)


まちなか18会場を歌や演奏、朗読など多彩なジャンルでつなぐイベント「音市場」のPR看板=市内東本町2 (2017/09/21)


新潟キャラクター総選挙で初代グランプリを桜井市長に報告するえちゴン=19日、市役所市長応接室 (2017/09/20)

>>過去記事一覧
柏崎原発の再稼働は不透明なまま

 東京電力柏崎刈羽原発が中越沖地震で被災してから10年。2012年3月に6号機が定期検査を開始して以来、全7基が停止したままの状態が続いている。13年7月には福島第一原発事故を踏まえて原発の新規制基準が施行され、東電は同年9月に柏崎刈羽原発6、7号機の適合性審査を申請。今年に入って原子力規制委員会による審査が終盤を迎える中、2月には免震重要棟(免震棟)の耐震不足問題が発覚し、東電の企業体質が疑われるなど再稼働の見通しは立っていない。

(2017/ 7/14)