PHOTOニュース

くす玉を割って、支持者と一緒に当選を喜ぶ鷲尾英一郎さん(左から3人目)=22日午後10時前、燕市秋葉町 (2017/10/23)


シンガポールのようかん展示会に出展する市内新野屋の「くろ羊かんミニ」 (2017/10/20)


ともし火を手に、看護の道へまい進を誓った戴帽式=18日、新潟病院附属看護学校 (2017/10/19)

>>過去記事一覧
市展の入賞・入選作品決まる

 第60回記念市美術展覧会(通称・市展、市、市教委主催、刈羽村教委共催)の開幕を前に2日、応募作品の審査が会場のソフィアセンターで行われた。5部門への応募は、過去5年間の最多だった前年(317人・372点)と比べて10人・8点少なかったものの、307人・364点を数え、2番目に多かった。審査の結果、5部門に44点が入賞、271点が入選した。会期は7日から15日までの9日間。審査員・運営委員・委嘱作家の作品と合わせ、377点が展示される。

(2017/10/ 3)