<<番組審議委員会>>

 <第24回>

1 開催年月日 平成13年12月14日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第24回)

3 委員の出席

・委員総数   7名

・出席委員数  6名

・出席委員の氏名  千原昭夫、与口登美夫、高橋保、西川暁子、本間シゲ子、品田 洋                  

・欠席委員の氏名  重原靖子

・放送事業者側出席者名 大矢良太郎、山田明彦、前田弘実、早坂憲次

4 議題

 局の現状及び個別番組は月〜金・夕方の定時番組「トワイライトステーション」についての審議を中心 に、番組の放送全般について話し合いと質疑。

5 議事の概要

・開会
  千原昭夫委員長挨拶
    本日はお忙しい中お集まり頂き有り難うございます。一年がアッと言う間に過ぎた。一年を締めくくる会議を開かせていただきます。今回も審議番組を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。 

  大矢良太郎専務挨拶
   当局は放送の一層の充実を目指して活動致しております。本日は夕方の番組で、担当者は一番経験の浅い阿部がいたしております。委員の皆様におかれましては改善に向け御遠慮なく厳しい意見を賜りたいと思います。

・審議(質疑応答)

6 審議内容

品田 洋委員
  まずはお詫びです。この時間、車に乗らないので意識して聞いた事があまり無かった。今回は一年間全般に付てお話いたします。 祭りや地元密着の番組で生放送に付いては特に評価したい。

大矢専務
  夕方の番組で6時半頃から、雑音的(クラブ系)音楽が30分程流れるが如何なものかと3人から言われた。時間帯が適切か、委員の皆様の御考えと御意見を賜わりたい。

与口委員
  今回の審議対象番組を2日間聞いた。議会中継を含め6時迄は全て聞いたが音楽になると私はラジオを切る。

早坂部長
  柏崎の若者が企画製作した番組で、月曜〜金曜迄30分間、音楽的に特徴の有るクラブ系のマイナーな曲目を放送しています。

大矢専務
  夕方の生放送の時間帯に有るのはどうか、深夜なら良いと思う。 一般的なジャンルでは無い。年代によっては雑音と感じる。

品田委員
  音楽に付いては年代により受け取り方が違うのは仕方が無い。むしろ誰に聞かせるのか、局の方針による。

千原委員長
  もし仮に若者向けならば、高校生が聞ける時間ではないと思うがどうか。

早坂部長
  局としては3人の御意見があったことを考慮して、音楽愛好者が聞ける時間を考えて判断いたします。

与口委員
  年寄りは演歌なら良い。時間帯を変更したら良い。

西川委員
  審議委員の人選を若くしないと此の種の話しは議論にならない。夕方の番組は個人的に関係している絵本の番組の再放送が有るのでよく聞いている。聞きやすいと思う。阿部さんの話し方がやさしい。昼も夕方もよくなった。

早坂部長
  良い悪いと言う問題ではない。6時半迄生放送と考えていたが7時迄生放送にする。

与口委員
  夕方の番組で子供の誕生日のコーナーが有るが、毎日流す意味が有るのか。当事者以外は聞かないと思うがどうか。

前田部長
  申込みが有れば電話の申込みも受け付ける。

大矢専務
  市民リスナーへのサービスと考えて実施している。

西川委員
  昔、大倉修吾さんの番組で、お誕生日おめでとうを放送でプレゼントするコーナーがあり、嬉しかった。柏崎にも有れば良い。

前田部長
  誕生日のプレゼント放送を受け付ける企画をしたい。毎日の放送に疑問を感じていなかったがもう一度見直したい。

高橋委員
  放送全般に付いて話します。車の中で聞いています。東京の放送と同じレベルになって来た。市議会中継や絵本コーナー・身近な歴史等よい放送と思う。昼頃東電の担当者が出演しているが、個々の担当者にどしどし出てもらう様にしたらどうか。スポーツ関連でもアルビレックス新潟の熱烈なサポーターや広報担当から話してもらえる。音楽は流し続けるのは良くない。長過ぎる。西山のリスナーからの要望で深夜仕事をしている。是非ド演歌を聞きたい。2月のスポーツ表彰は是非取材してほしい。

早坂部長
  司会とセットで仕事を出してほしい。

本間委員
  私は市議会中継を聞きながら優越感を感じます。夕方の阿部さんはとても良い。言葉の端々でネ、ネ、と言うのは聞きずらい。

早坂部長
  年内で退職いたします色々おせはになりました、今後は東京で頑張ります

山田統括部長
  早坂君の件は残念ですが、本人の希望でOKしました。誕生日の件、個人的な取らえ方をせずに取り上げたい。今後も地域密着で頑張りますので来年も宜しくお願いいたします。皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
 
 平成13年12月14日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の山田明彦統括部長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日

 平成14年1月7日(月)〜平成14年1月14日(月)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項


<第23回>

1 開催年月日 平成13年10月17日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第23回)

3 委員の出席

・委員総数   7名

・出席委員数   4名

・出席委員の氏名    千原昭夫、与口登美夫、西川暁子、本間シゲ子、品田洋

・欠席委員の氏名    高橋保、重原靖子

・放送事業者側出席者名 大矢良太郎、山田明彦、前田弘実、早坂憲次、阿部洋一

4 議題
 局の現状及び個別番組は月〜金・昼の定時番組「K'S TOWN」についての審議を中心に、番組の放送全般について話し合いと質疑。

5 議事の概要

・開会
 千原昭夫委員長挨拶
   本日はお忙しい中お集まり頂き有り難うございます。新しい委員の方々も今回から参加いただきました。新しい感性での活動に期待しております。今回も審議番組を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。 

 大矢良太郎専務挨拶
   最近の業界の状況ですが150局が開局にいたり、益々増加傾向です。特に信越管内が増えております。当管内の動向は特に注目されております。当局においても一層の充実を目指して活動致しております。委員の皆様におかれましては改善に向け御遠慮なく厳しい意見を賜りたいと思います。

・新任委員2名の御挨拶

・審議(質疑応答)

6 審議内容

早坂憲次部長
  私から放送内容全般につき御説明申し上げます。毎日24時間放送しております。月〜金は一日14時間を自主番組放送を実施致しており、内10時間30分が生放送、残り3時間30分が製作番組で有ります。土日に関しては自主番組7時間の内2時間が生放送です。それ以外の時間は衛星放送を受信して放送しております。生放送中は様々なコーナーを設けて放送を実施しており、ワイド番組的な作りです。多くのリスナーの方々から御出演いただけるように配慮致しております。町の話題を取り上げる為に中継機を毎日利用して取材しています。今日は阿部洋一を参加させました。局員の参加は不適切かも知れませんが研修の意味で、よろしくお願い致します。

与口登美夫委員
  1時半台はなかなか聴く事が出来ない。今回はまず、日頃の福祉協議会へのご協力に行事の御紹介に感謝申し上げたい。柏崎日報ニュースが役にたつ。お昼の番組を聴いていると様々な行事を紹介している。それを聴くだけでも柏崎の今日がわかる。朝の交通情報について、場所の把握が難しいと申し上げたが、今は町内名と最寄りの目印を言うので解り易くなった。

千原昭夫委員長
  今回の審議対象番組を月曜日と今日この場所へ来る迄聴きました。審議会も23回にもなりますと、なるべく辛口で無ければならないと思いますが、番組をお聞きしていますと、「ウマイナーこれでいいんじゃないか」と思います。でも、あえて言えば船崎さんはアドリブが入って良かった。間違いも有ったが聴いていて爽やか。名倉堂と山花苑小林さんの話を親しみ深く興味を持って聴いた。
小網さんのリポートで、展覧会の紹介中、会場に展示してある評論家の文章を読み上げていたが、大変難解で理解が難しい、なんとか出来ないものか。

西川暁子委員
  私は火曜日と木曜日、番組を流していただいています。船崎さんと言う優秀な方が来ていただけた事を大変喜んでいます。心を伝える事の出来る方で、番組への取り組みが今迄の人とは違う。訓練の賜で安心して聴いていられる。後は船崎さんが潰れないように、柏崎の情報に明るい協力者が出て来たらと思います。

品田 洋委員
  聴取率の調査はしているのか。リスナーの声は帰って来ているか。キャラの濃い人が出て来てほしい。FMのAM化と言うか若者向けの音楽番組が少ない。

早坂憲次部長
  聴取率調査は実施するのにお金がかかるので、正式なものは実施していない。しかし聴取率傾向を調べたデータはあります。

大矢良太郎専務
  コミュニティ放送は全体で8%台を維持している。現状ではコミュニティだけが延びを示している。旧来のイメージを打破する為に音楽は減らせと指示していた。中継機を活用して今後も市民の中へ飛び込んで行きたい。

前田弘実部長
  過去2回実施したアンケートによりますと、開局間際は10%NHK/BSNと同じくらいであったが、昨年末、市が実施した結果は15%で他の局より5ポイント高かった。

与口登美夫委員
  聴取率調査はどのように行うのか。

早坂憲次部長
  個人を対象に電話等でアンケートしたり、街頭で調査したりしているようです。いずれにしてもかなりの手間です。

本間シゲ子委員
  船崎さんに関しては申し分ない。話の間が良く、言葉が丁寧で、会話の機転がきく。先日の放送でジブリ博物館の話を聴いて、イメージが自然に浮かび、リスナーに伝わる放送が出来る方だと思います。

前田弘実部長
  先般、東京からの生放送を3時間実施致しました。当局にとっては画期的な事です。非常に音質も良く今後も機会が有るごとに実施したい。

大矢良太郎専務
  しばらくお休みをしていた、私のコーナーを始めさせて頂きました。「女性の窓」と言うタイトルで今回で3回目ですが私自身難しさを体験しております。

千原昭夫委員長閉会の挨拶
  活発な御意見有難うございました。より一掃の充実を期待致します。                      

山田明彦統括部長
  委員の皆様もぜひスタジオに入って見て下さい。開局当時よりかなり進歩して来たと思います。皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日

 平成13年10月17日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の山田明彦統括部長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日

 平成13年10月30日(火)〜平成13年11月7日(火)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第22回>

1 開催年月日 平成13年9月11日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第22回)

3 委員の出席

・委員総数     7名

・出席委員数   4名

・出席委員の氏名    千原昭夫、与口登美夫、高橋保、西川暁子

・欠席委員の氏名    吉田昭一、伊藤洵子、重原靖子

・放送事業者側出席者名 大矢良太郎、前田弘実、早坂憲次、長岡 修、高橋裕美

4 議題

 局の現状及び個別番組は月〜金・朝の定時番組「モーニングバスケット」についての審議を中心に、番組の放送全般について話し合いと質疑。

5 議事の概要

・開会
 千原昭夫委員長挨拶
  本日はお忙しい中お集まり頂き有り難うございます。委員の皆様に置かれましては日々お忙しい訳ですから欠席も多くなるでしょうが、是非多くの皆様にご出席をいただければ幸いです。新しい委員の方々も次回から参加の見込みとお聞きしましたので期待しております。今回も審議番組を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。 

 大矢良太郎専務挨拶                                          
  今回は番組担当している高橋裕美を同席させました。若手のホープとして期待しております。しかしながら歳も若く、至らない所もあろうかと思いますので、本人の前ですが御遠慮なく厳しい意見を賜りたいと思います。

・審議(質疑応答)

6 審議内容

高橋裕美パーソナリティ
  初めに番組の紹介をさせていただきます。今回の審議番組は、私が担当で放送しております。番組の構成は前半は通勤者向け、後半は主婦・高齢者・若手経営者など幅広い年齢層に向けての内容になっています。特徴的なのは地元のランキングや教育問題などで、地元密着を目指しています。

高橋 保委員
  火・木9:30〜10:00に放送を聞きました。努力の結果が出て申し分の無い内容だ。地方の放送局としては立派であると思う。ほのぼのした感じ声質の良い人が揃った。子供番組の作文朗読で本人の後もう一度内容をオオム返ししているが、いかがなものか。

西川暁子委員
  先日シーユースで外人の方と日本人の結婚式が有ったが、小さな事柄でも日々色々有ると思う。地域FMの使命として改めて取材を考えてほしい。時報のBGMが違和感の有る音だと思います。                     

千原昭夫委員長
  朝の爽やかさは感じるが、ニュースなどは前日や県域の新聞の内容が多くて新鮮味に欠ける。聞いて居ると良いコーナーも有るが、事前の番組告知が少ないと明日の番組が分からない。事前告知を増やすか、番組表をもっと詳しくするか改善してほしい。古い音源を使う番組でディスコ曲を流していたが、音の明瞭度が悪く聞き取りにくく感じた。ニュースの中で民事再生法申請発表の生中継は良かった。議会中継の全員協議会の中継も即時性の点で評価できる。

大矢良太郎専務
  オオム返しは私も気になっていた。改善したい。ブライダルの変化を含め、小さな事柄でも地域密着の良さを発揮して取材して行きたい。レコードなどを使う場合いは往々にしてある事です。しかしこれもマニアの方にはたまらなく良い場合も有ります。難しい所です。

早坂憲次部長
  時報に付いては本年の10月から入れています。専門の器械が通常は必要ですが、当局では番組送出機に入れているために秒数的に短く他局とは違う感じがしたと思います。残念ながら変更は困難です。ニュースに付いては夕方の放送は柏崎日報よりも早く放送している。月曜日の朝は独自に取材などをして試合などの結果などを織りまぜて放送を心掛けている。但しニュースの朗読は新聞社との約束で内容を変える事はしていない。 

与口登美夫委員
  近く北陸バスケットボールの大会で2000人が来柏する。スタープレーヤー等に取材してほしい。叉国体に向けジュニアの強化が進んでいる。継続的に取り上げてほしい。サッカーも同様です。

千原昭夫委員長
  鵜川の番組に関しては情緒豊かで良いと思う。取材地域を広げてほしい。町の情報を知らせてもらう情報員をお願いしたらどうか。

千原昭夫委員長閉会の挨拶
  活発な御意見有難うございました。次回は新人を交えてのより一掃の充実を期待致します。  

大矢良太郎専務
  皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。 聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日

 平成13年9月11日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢良太郎専務は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日

 平成13年9月17日(月)〜平成13年9月24日(月)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第21回>

1 開催年月日 平成13年6月26日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第21回)

3 委員の出席

・委員総数    7名

・出席委員数   4名

・出席委員の氏名    千原昭夫、与口登美夫、高橋保、西川暁子

・欠席委員の氏名    吉田昭一、伊藤洵子、重原靖子

・放送事業者側出席者名 前田弘実、早坂憲次、長岡 修

4 議題

 局の現状及び個別番組は月〜金・夜の定時番組「ハヤケンのラジオバー」についての審議を中心に、番組の放送全般について話し合いと質疑。

5 議事の概要

・開会
  千原昭夫委員長挨拶
   本日はお忙しい中お集まり頂き有り難うございます。審議番組を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。昨日の放送を聞きました。 

  前田弘実部長
    現在のコミュニティ放送の現状は、1日11時間の放送を実施して2ヶ月になりました。人員の割には背伸びした編成をしております。その結果、今迄以上に情報はタイムリーになっています。新聞の後追い情報が無くなり、新聞の先を行くようになりました。しかしながら、リスナーのリアクションは増えておりません。衛星放送の時間帯に講演会やシンポジウムなどを特別番組で放送しています。

・審議(質疑応答)

6 審議内容

早坂憲次部長
  初めに番組の紹介をさせていただきます。今回の審議番組は、私が担当で放送しております。番組の狙いは、柏崎の様々な情報、報道に市民はどう感じているのかを軽い乗りでトークしていく所です。柏崎日報の一週間の記事から話を展開しています。

千原昭夫委員長
  昨日の放送を聞きました。 柏崎日報を中心に話を進めていたが、話の合方をしている人の返事が少し浅くて、少なかった。

早坂憲次部長
  話の相手の人は全くの素人の方で一般の市民の意見が感じ取ってもらえればと思っています。 

与口登美夫委員
  今回は年寄りには聞きにくい時間帯で、私も聞く事ができず申し訳ない。他の委員の御意見を聞かせていただこうと思います。

高橋 保委員
  私も聞く事が出来ませんでした。審議番組以外のお話を致します。市内で車の運転をしながら聞わけですが、ラジオはいつも合わせてある。音楽が癒し系で、年寄りでも聞いていられるので良かった。語り口も大変良く、初めて聞いた人は驚くくらい良くなった。単身赴任や出張で聞いた人の感想を放送していたが、柏崎を知りたい人には大変役立つと思う。

西川暁子委員
  私も聞けなくてご免なさい。今、柏崎で泥棒が多くなっている。事務所荒らしや車上狙い等をワイドショー的に取り上げたらどうか。柏崎市民は余りにおおらかで、鍵もかけない、戸も閉めない、今迄はそれで良かったが今後については考えざるを得ない。生活上の安全、市民性にも繋がる問題を取り上げてほしい。 

早坂憲次部長
  特に若者は柏崎に感心が薄いと思う。新聞を読まなくても柏崎の1日が解る番組内容で、リスナーをスタジオに呼び込みながら放送している。教科書問題も取り上げています。明日の朝、全市体育大会の実施又は中止を午前6時に放送する予定です。

長岡 修企画営業
  有り難い話なんですが、なかなか営業に繋がらないのが残念なんです。

早坂憲次部長
  利用しようというきっかけになっていると思う。      

高橋 保委員
  花火を鳴らすよりも効果的であり、今後増えると思う。料金をいただけるようにするべきだ。

千原昭夫委員長
  私も関係している、トライウォークは朝早くから問い合わせが多い。聞いていただくチャンスだと思う。

与口登美夫委員
  総会も終わったので現在の会社の運営状況を教えていただきたい。

前田弘実部長
  おかげさまで、今期は若干ですが単年度黒字が出ました。しかしながら、ボーナス、残業手当も無しの状態でやっと黒字と言う所です。

与口登美夫委員 閉会の挨拶
  早く人並みの会社に成るように努力してほしい。  

前田弘実部長
  皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。 聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日

 平成13年6月26日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の前田弘実部長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月

 平成13年7月7日(土)〜平成13年7月14日(日)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。番組審議委員会議事録概