<<番組審議委員会>>

<第57回>

1 開催年月日 平成22年 3月18日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第57回)


3 委員の出席
  ・委員総数                7名

  ・出席委員数              2名

  ・出席委員の氏名 高橋保、本間シゲ子

  ・欠席委員の氏名 与口登美夫、重原靖子、西川暁子、吉田靖夫、千原昭夫

  ・ 放送事業者側出席者名 前田弘実

4 議題
   局の現状及び個別番組は月〜金・午前の定時番組「モーニングバスケット」についての審議を中心に、番組の放送全般について話し合いと質疑。

5 議事の概要
  ・開会
    前田統括部長
     本日はお忙しい中お集り頂き有り難うございます。57回の審議会を開催いたします。朝の番組を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。

  ・審議(質疑応答)

6 審議内容
・本間委員

  担当者は歯切れが良くなり大変聴きやすい。2点要望がある。前にも言ったが、小学生の作文を読むコーナーの時間を当人が聞ける時間に変更して欲しい。子どもは自分の声をラジオで聞いたらきっと喜んで頑張れると思うので是非お願いしたい。2点目はニュースを読むとき必要以上にトーンを下げているように思うので、明るく爽やかにトーンを上げて欲しい。長いニュースだと暗く感じ飽きてしまう。少し抑揚をつけメリハリもつけて欲しい。

・高橋委員

  通年で言えば局のアナウンスは安定してきた。今ほどご指摘もあったが、放送時間帯は月ごとに変更していくような工夫も必要だ。特にお知らせや、求人などは時間を変えて告知してゆくほうが良い。聞けない人にも重要な情報が伝わる。お昼休みには、告知やニュースより音楽が必要だと思うので、思い切ってリクエストタイムなど導入したらどうか。出来るかどうかわからないが、リスナーも聞いているだけでなく自発的にアクションを起こせるような仕掛けが必要だ。リクエストは有効だと思う。ラジオの即時性を生かす意味で、もっと市民の声を直接放送にのせて欲しい。定時の生番組でもそのために柔軟な放送時間に縛られない放送番組つくりをお願いしたい。飽きられたら終わりなので局員が全員携帯などで観光客や市民にインタビューして回るとか局員の努力を見せて欲しい。

・本間委員
  アイポッドや情報端末を駆使して新しい情報を放送に載せてほしい。

・前田統括部長
  皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
   平成22年3月18日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の前田統括部長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
   平成22年3月25日(木)〜平成22年4月1日(木)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第56回>

1 開催年月日 平成22年 2月18日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第56回)

3 委員の出席
  ・委員総数                7名

  ・出席委員数              4名
 
  ・
出席委員の氏名    千原昭夫、高橋保、
吉田靖夫、本間シゲ子

  ・ 欠席委員の氏名    与口登美夫、重原靖子、西川暁子

  放送事業者側出席者名 大矢良太郎、前田弘実

4 議題
   局の現状及び個別番組は土日・午前の定時番組「ピッカラピクニックパーク」についての審議を中心に、番組の放送全般について話し合いと質疑。

5 議事の概要

  ・開会

  ・大矢局長挨拶
    本日はお忙しい中お集り頂き有り難うございます。56回の審議会を開催いたします。週末の番組を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。現在のコミュニティ放送の状況は、中継局の設置が完了いたしまして今まで以上に西山・高柳では良く聞こえています。放送内容は生放送中心でタイムリーな情報提供を心がけています。

  審議(質疑応答)

6 審議内容
・吉田委員

  高柳がエリアになりましたが、あそこは近くて遠い所なんです。山間部で集落が点在しており、確か10幾つあるはずです。話題を取り上げてもらうと同時に例えば一つずつの集落を取り上げて、紹介するような番組が出来ないか。この時季は雪で無理でしょうが先方に行って録音して放送してもらいたい。西山もそうですが、10wでどの辺まで聞こえているのか心配です。地形が急峻で谷が深い。標高の高い集落は聞こえているが谷の底の集落は聞こえない。

・本間委員
  先日米山地域で市政懇談会があり参加しました。放送への要望も有ったので報告したい。社長さんにもお願いしてあるそうですが、とにかく聞こえるようにして欲しいそうです。地震のときに必要性を痛感したそうで、最近携帯電話のアンテナもできたのでそれを利用して何とかならないかといっておられました。灯台も撤去されて情報も来ないのでは地域が寂れると訴えておられた。

・大矢局長
  高柳地区は、正直10wでは心もとないが現状致し方ない。米山地区は中継局設置を検討しましたが中越地震復興基金も補助金に25%の税金がかかる。設置費用とランニングコストが捻出できず断念した。今後も設置の可能性は低い。

・千原委員長
  柏崎ふるさと便の中で大雪の日、今後の雪の降り方について話していたが見事に外れた。話題として取り上げるのは仕方がないが、予想が外れたとき苦情が来るのではないか、気になった。生放送でなかったので仕方ないことかもしれないが。もう一つ先回も話したが、朝の放送の新潟日報ニュースで市外のニュースを流していたが本当に必要なのか。

・大矢局長
  録音番組は天気や予想が外れる可能性のある話題は避けるべきだ。ニュースの件は今以上に地元関連の話題を中心に伝えるように指示する。

・高橋委員
  原発の所長が直近の情報はピッカラに流すと明言した。妥当な判断で喜ばしい。西山は大変良く聞こえるようになった。しかし中継局の設置の件を知らない人も多い、もっと告知したほうが良い。市議会中継を楽しみにしている。放送にも品格が必要だとおもう。先日のハーレーのイベント大成功だったが大矢さんが実行委員長でやられたので功罪を検証する番組を作ったらどうか。国体に付いても事後の検証番組を是非お願いしたい。大成功に終わった事になっているが、まずかった点は言いにくいのでピッカラさんに代弁してもらいたい。今後の改善につなげないといけない。とくに、参加者に観光情報が伝えられていなかったので、余暇時間に観るところが何もないと言っていた。タクシーでないと行けなかったり、交通手段がないなどこまごました案内がなかった。こうした事も検証して欲しい。 

・前田弘実部長
   おかげさまで、中継局も順調。放送内での失言は気をつけるように指導します。国体参加者への観光情報提供については考え至らなかったので今後改善したい。

・大矢良太郎局長
  皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
   平成22年2月18日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢良太郎局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
   平成22年3月2日(火)〜平成22年3月9日(火)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第55回>

1 開催年月日 平成21年 12月16日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第55回)

3 委員の出席
 ・委員総数                7名

 ・出席委員数              2名

 ・出席委員の氏名    千原昭夫、本間シゲ子

 ・欠席委員の氏名    与口登美夫、高橋保、吉田靖夫、重原靖子、西川暁子

 ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎、前田弘実

4 議題
  局の現状及び個別番組は月〜金・夕方の定時番組「トワイライトステーション」についての審議を中心に、番組の放送全般について話し合いと質疑。

5 議事の概要
 ・開会
   大矢局長挨拶
     本日はお忙しい中お集り頂き有り難うございます。人数が少ないですが55回の審議会を開催いたします。夕方の番組を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。現在のコミュニティ放送の状況は、中継局の設置が完了いたしまして今まで以上に西山・高柳では良く聞こえています。放送内容は生放送中心での中でタイムリーな情報提供を心がけています。

 ・審議(質疑応答)

6 審議内容
・千原委員長
  先日放送を聞きました。金曜日の夕方は2人の掛け合いで、台本が無いのに良くできていて面白い。高柳地区はどの辺まで聞こえるのか知りたい。天気予報で柏崎は上中下越の地域のうちどこに入るのかわかりにくい。柏崎地域独自の天気を放送して欲しい。木曜日の佐藤騏四郎さんの放送は内容が良いので再放送もして欲しい。10月25日の防災訓練は市民の参加は300名以上有ったが、市職員の参加が低調だった。

・大矢局長
  高柳地区は門出くらいまで、天気予報に付いては柏崎独自の予報はお金がかかるので難しい。佐藤先生の放送は好評なので再放送を考えたい。防災訓練は積極的に参加している。例年通り中継などを実施した。

・本間委員
  先日災害のときのピッカラの放送についてインタビューを受けた。災害復旧の自衛隊の人がいても話しかけられなかったが、放送を聞いて親しみを感じ、話しかけるきっかけが出来た。放送を聞かないと知りえない情報が色々有ったし、全国から復旧支援のために大勢駆けつけてくれて心強かった。良い意味で放送は市民への影響力が大きいと実感した。
  掛け合いの放送時間を増やしたらどうか。阿部・高橋だけでなく、大掛さんとの掛け合いも良かった。最近はパーソナリティ個々に個性が出て良いと思う。そういえば、ショピングモールの地下で声を掛けられた。ラーメン屋さんの人で、ある出演者が自分の店がある事を知らないと言っていたが、どんな店が有るかくらい勉強して欲しい。テナントの人は放送を聞いているので感じを悪くしたと言っていた。

・前田弘実部長
  おかげさまで、災害放送は大変喜ばれました。パーソナリティー個々に個性が出てきて好評です。放送内での失言は気をつけるように指導します。

・大矢良太郎局長
  皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
   平成21年12月16日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢良太郎局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
   平成21年12月23日(水)〜平成21年12月30日(水)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第54回>

1 開催年月日 平成21年 10月9日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第54回)

3 委員の出席
委員総数                7名

出席委員数              5名

出席委員の氏名    高橋保、吉田靖夫、本間シゲ子、西川暁子重原靖子

欠席委員の氏名    千原昭夫、与口登美夫

放送事業者側出席者名 大矢良太郎、前田弘実

4 議題
 局の現状及び個別番組は月?金・昼の定時番組「K‘s Town」についての審議を中心に、番組の放送全般について話し合いと質疑。

5 議事の概要
・開会
   大矢局長挨拶
     本日はお忙しい中お集り頂き有り難うございます。「K‘s Town」を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。現在のコミュニティ放送の状況は、生放送の中で様々なイベントや今後の国体の中継など予定しております。タイムリーな情報提供を心がけています。中継局設置の件ですが、すでに2箇所の設置を実施中です。


審議(質疑応答)

6 審議内容
・吉田靖夫委員
   先日放送を聞きました。基本的に他の放送局に遜色は無い放送だと思います。2人での掛け合いでしたがかなり砕けた感じの話でした。国体の日程やルール解説も有りよかったです。

・西川委員
   水球の中継について、マスコミの応援などで盛り上がった。特に勝チームのプールサイドでのヒーローインタビューは良かった。柏崎のチームは応援で強くなったと思う。国体以外では、外人の竹馬夫婦や婚活・えんまネコの話が面白かった。イベント参加者と市民の繋がりが感じられないので、是非盛り上げに協力して欲しい。特に柏崎で実施の種目は解説や中継もして欲しかった。


・重原委員

   ラジオ放送と市民との接点がないと思う。復興住宅でプレゼントをやったら大好評だった。プレゼントなどでリスナーとの繋がりを模索すべきだ。例えば職場体験なども良いと思う。

・高橋委員
  夕方の高橋・阿部の掛け合いトークが面白い、菅家さんの話もよかった。西山には「草生水祭り」「相撲大会」など伝統の祭りがあるので是非取り上げて欲しい。国体壮行会も盛会でした。各種目のスター選手の声が聞けたのは良かった。最近市長と住民のトークがあるが中継できないものか。地元のチーム以外にも応援や見守りが有っても良かった。

・本間委員
   金曜日の10時過ぎの社長の履歴書が面白い話から人柄が見える。1週間の柏崎のニュースを山田さんがまとめて聞かしてくれるのもいい。今後もじっくり聴けるラジオを目指して欲しい。ポエム小説の朗読など復活してみたらどうか。中継局など新たな投資もあり大変だと思うが、営業を伸ばして経費を確保してよい番組作りに取り組んで欲しい。私も関係している、営業に繋げるチャンスだと思う。

・前田弘実部長

   おかげさまで、中継局の設置作業は順調です。

・大矢良太郎局長

   皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
   平成21年10月9日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢良太郎局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。 また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
   平成21年10月19日(月)?平成21年10月26日(月)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。



<第53回>


1 開催年月日 平成21年 5月29日午後0時

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第53回)

3 委員の出席
 ・ 委員総数                7名

出席委員数              4名

出席委員の氏名    千原昭夫、高橋保、吉田靖夫、本間シゲ子

欠席委員の氏名    西川暁子、重原靖子、与口登美夫

放送事業者側出席者名 大矢良太郎、前田弘実

4 議題
 局の現状及び個別番組は月〜金・朝の定時番組「モーニングバスケット」についての審議を中心に、番組の放送全般についての話し合いと質疑。


5 議事の概要
開会
  千原昭夫委員長挨拶
   
 本日はお忙しい中お集り頂き有り難うございます。今年度の最初の審議会です。審議番組を中心に幅広い御意見を伺いたいと思います。


  大矢局長
   現在のコミュニティ放送の状況は、1日9時間の生放送を中心に実施しております。タイムリーな情報提供を心がけています。先回の審議会でご報告申し上げた中継局設置の件ですが、予想以上に税金など経費負担が大きく、今回は2箇所の設置を実施し、状況を見てその他の設置も検討します。以上計画の変更をご報告いたします。今期の決算に置いては、お蔭様で単年度黒字を計上いたしました。

審議(質疑応答)

6 審議内容
・千原昭夫委員長

  昨日の放送を聞きました。男性2人での掛け合いでしたが面白おかしく話していました。ただ内容が浅く、もう少し深く掘り下げて話を解りやすくして欲しい。

・高橋保委員
  私は聞く事が出来ませんでした。2順目国体の告知イベントも実施されていますが、前回ほどの盛り上がりは感じられないので、是非盛り上げに協力して欲しい。特に柏崎で実施予定の種目は解説や中継もして欲しい。

・本間シゲ子委員
  私も聞けなくてご免なさい。最近は嫌な話題が多いけど、今柏崎で話題になっていることをワイドショー的に取り上げたらどうか。仮設から復興住宅に入居も始まるので市民に直接繋がる問題を取り上げてほしい。

・前田弘実部長
  市議会中継など特別番組は定期的に実施しているが、ワイドショー的な番組作りは手間や経費がかかり難しい。

・吉田靖夫委員
  経費や手間がかかっても是非制作するべきだ。風の陣も近付いてきた。中継や告知を積極的に実施し料金をいただけるようにするべきだ。ぎおん祭りなどは中継しているが営業に繋がっているのか。

・千原昭夫委員長
  中継局など新たな投資もあり大変だと思うが、営業を伸ばして経費を確保してよい番組作りに取り組んで欲しい。私も関係している海岸清掃などは朝早くから問い合わせが多い。営業に繋げるチャンスだと思う。

・前田弘実部長
  おかげさまで、今期は若干ですが単年度黒字が出ました。人件費過大についてはボーナスや一時金で対応して経費増加の歯止めをかけております。

・大矢良太郎局長
  皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場の発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
   平成21年5月29日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の前田弘実部長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。 また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し、承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
   平成21年6月15日(月)〜平成21年 6月22日(月)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。