<<番組審議委員会>>

<第81回>

1 開催年月日 平成26年 3月27日木曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第81回

3 委員の出席

   ・委員総数             7名

   ・
出席委員数            4名

   ・出席委員の氏名 千原昭夫、本間シゲ子、西川暁子、小野豊秋

   ・欠席委員の氏名 与口登美夫、高橋保、重原靖子

   ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
    月〜金の午後4時〜7時「WIND AVENUE」高橋裕美担当の、放送の感想とご意見。2月以降の放送全体についてのご意見。

5 議事の概要
   ・開会
     大矢局長
        お忙しい中お越し頂き有り難うございます。第81回目の番組審議会を開催いたします。ようやく春めいてきました。この時期は年度末で卒業・入学と何かと慌ただしい中ですが、年度最終6回目の開催です。ノルマを達成できますのも皆様のご協力のおかげです。今日の議題は夕方の番組と2月以降の放送全般について忌憚の無いご意見をお伺いしたいと思います。ご審議よろしくお願いいたします。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容
 ・本間委員

   
最近の審議会でも言われていることですが、お知らせが多い。1時間聴いていてもお知らせばかりでつまらないと友人に言われた。番組全部3時間聴いていれば面白い内容もあるかもしれないが、聴きつづけられるリスナーは少ないと思う。1日に同じお知らせを何度も聞くのはつらい。ランキングのコーナーでBGMが大きすぎて言葉が聴きにくい。昔話の番組で音楽のイベントの話をしていたが、昔話と銘打っているので30分昔話に徹してほしい。ゆっくり落ち着いて聴ける番組、中年向けの番組作りを心がけてほしい。新民謡を青年会議所が作るので密着取材で番組にしてほしい。

  ・千原委員長
    
4時から6時は聴けるが、6時〜7時はテレビを見る。今回がんばって6時から7時台を聴いたら予想よりも案外面白かった。内容は合唱や音楽会、須坂市の観光案内などで独自の番組だった。
    ピッカラは時間に敏感な感じがする。しょっちゅう時間を言っているが、本当に必要だろうか。前から言っているが株式市況は本当に必要なのかも考えてほしい。個人的には職安情報なら良いと思う。言い忘れたが、小学生の合唱の時のせりふが聞き取りにくかった。せっかくなので録音を改善してほしい。北原先生の番組が始まるそうだが必ず聴く。

  ・西川委員
    私も4時〜7時は夕飯の準備で忙しいし、時間が有ったとしても夕方のニュースワイドを見てしまう。この時間にピッカラを聞いてくれる人の事をもう少し分析すると良い気がする。私が聞く理由は審議委員だからで、よく耳にするのは市の広報が多い気がする。平板に読んでいて面白くは無いが、情報を取るには役に立つ。放送時間を組み立てる中で放送の順番とタイミングを考えてみる必要がある。市民リスナー的にはピッカラは情報のコンビ二として存在意義がある。自然に勉強できるクイズや健康医学の番組もほしい。

  ・小野委員
    
ピッカラはいつもお知らせが聞こえる。番組のしつらえを考えて、話題を先に放送しお知らせは後にする。相変わらず、漢字の読み間違いがある。コミセンネットワーク的な取材番組がほしい。

  ・大矢局長
    
東日本大震災から3年、被災地では20を越える災害放送局が立ち上がったが、住民の減少で存続の危機にある。当局でもリスナーのニーズ状況を把握し、旬のニュース取材を心がける必要が有る。
   皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日

    平成26年3月27日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成26年4月1日(火)〜平成26年4月7日(月)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第80回>

1 開催年月日 平成26年 2月27日木曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第80回)

3 委員の出席
   ・委員総数                  7名

   ・出席委員数                    4名

   ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、本間シゲ子、小野豊秋

   ・欠席委員の氏名 与口登美夫、西川暁子、重原靖子

   ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の朝11時〜14時「おひるはピッカラ!smile catch」大橋久美・船崎幸子担当放送の感想とご意見、1月以降の放送全般について。

5 議事の概要
   ・開会
     大矢局長
       お忙しい中お越し頂き有り難うございます。第80回目の番組審議会を開催いたします。冬季オリンピックが終了しました。今回日本は8個のメダルを獲得しました。新潟県民として大変うれしいことに内3人は新潟県人であったということです。低迷する新潟に活気を取り戻すきっかけになると思います。今回は年度5回目の開催です。議題の番組と1月以降の放送全般について忌憚の無いご意見をお伺いしたいと思います、ご審議よろしくお願いいたします。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容  
 ・小野委員

    
お昼の番組はどうしてもお知らせが多くなる傾向があるが、必要なものは放送してかまわないと思う。番組の核になるコーナー部分がはっきりしない印象があるので曜日ごとにテーマを決めたり、話題を絞って放送すると良い。地名が同じ、曽地の運動会(そちオリンピック)のタイムリーな取材放送も面白かった。多くの市民の意見感想、声を放送しようと努力しているのが伝わってきた。大変結構だと思います。今後も続けてほしい。

 ・本間委員
    
放送全般は大変良いと思います。個人的には船崎さんのインタビューは気取りが無く気さくで大変聞きやすい。苦言としては、インタビューの相手の名前はフルネームで紹介してほしい。ホテルシーポートのお知らせインタビュ−で2回実施するイベントだと云うことが最後まで聴かないと解らなかったので、理解しやすく改善してほしい。古いCMがそのまま流れている。(海岸線の長さなど)

 ・千原委員
    
番組審議の中で苦言ばかり言ってきたが、先日テレビで番組審議会をやっていた。テレビでは良い面と悪い面両方審議していたので、どう言う姿勢で審議すべきかお聞きしたい。自らの反省をこめて揚げ足取りにならないように気をつけたいと思っている。次に番組についてだが、パーソナリティーが担当している時間が3時間だが、この設定が適当なのかどうか根本から考える意味で裏付けの理由が聞きたい。

 ・前田統括部長
    
当局では番組審議は問題点を明らかにすることが肝心なので苦言を重要視している。今までもこれからも同じ姿勢で結構です。次に自主番組をできるだけ多くする目標の中で、3時間の放送時間は長い短いいろいろ試した上で現状に落ち着いたものです。

 ・高橋委員
    
毎回同じような話ですが、私などは演歌を喜んで聞いているし貯筋体操なども大勢聞いておられる。防災関係では、私も湯沢で8時間ほど大雪の渋滞で動けなかった。止まってしまうと携帯も通じない、食料も無い、如何したら良いか途方に迷う。そんな中でFMラジオの放送は役に立つし重要だ。インタビューなどについて大変難しいところもある、特に子供さん相手だと難しい質問をしても答えられない。先日小学生の絵画コンクールで「難しいところは?」と質問したら、「親に手伝ってもらった」と答えていたが質問の仕方を工夫して聴取者に誤解されないように、おかしな答えにならないように注意してほしい。もう一つ、ニュースの時につっかえることがよくある。事前に下読みをしてスムーズに進行してほしい。

 ・大矢局長
    
皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成26年2月27日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
   平成26年3月4日(火)〜平成26年3月10日(月)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第79回>

1 開催年月日 平成26年 1月31日金曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第79回)

3 委員の出席
   ・委員総数               7名

   ・
出席委員数              5名

   ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、本間シゲ子、西川暁子、小野豊秋

   ・欠席委員の氏名 与口登美夫、重原靖子

   ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の朝7時〜10時「モーバス」野村介石担当放送の感想とご意見、11月以降の放送全般について。

5 議事の概要
   ・開会
     大矢局長
       お忙しい中お越し頂き有り難うございます。第79回目の番組審議会を開催いたします。今回も自社事務所での年度4回目の開催です。議題の番組と11月以降の放送全般についてお伺いしたいと思います。議題の3時間の情報バラエティー番組の概要、局の現状に付いて説明、ご審議よろしくお願いいたします。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容
 ・本間委員

   
忙しい朝は細切れで聞いている。朝一番の放送でお知らせが多いのはしょうがないが、フリートークの中でタイムリーにお知らせや情報が入るように工夫してほしい。今日のイベントのことや、事前の情報を増やすと良い。船崎さんの放送の中で「今日はカレーの日です」といって話題提供があったので、私も思わずFAXをした。良い意味でまとめてくれて放送で流れた。色々な人の声や想いを放送することが大事だと改めて感じた。今後も機会があれば投稿したい。

 ・西川委員
   
昨日・今日と聞いてみた。一番の印象は「邪魔じゃなかったということ」。心地よく音が流れていて時々興味の持てる話題が有った。前と違って聞き続けられる。放送が良くなっていると思う。朝の野村さんの喋りで気になるのは、ちょっとゆっくりなんじゃないかと言うこと。私だけが感じていることなのか?新聞を読むのは難しいが、全体的に普段よりテンポが遅い。次の言葉が待ち遠しい感じ。良い悪いを言うつもりではなく、個人的な印象です。提案としては老人の声を取り上げ放送してほしい。

 ・小野委員
   
最近野村さんの時間帯はラジオをあまり聴いていないが、私は野村さんがた多分時間稼ぎをしていると思う。常に時間を気にして時刻を言ったり天気を言っているが、言葉の繰り返しも多い。話題提供が足りない。事前に仕込みをして居れば時間が足りなくなり早口になるはず。でも、毎日新しいネタを探すのは大変で無理かもしれない。そこで改善方法は、外を見る考えにプラスして曜日ごとに自分が話したいことを話す。自分がいいたいことや疑問、テーマを自分で決めて放送をすれば良くなると思う。厳しいかもしれないが、リスナーさんの反響も有るわけだからもう一段成長してほしい。近頃NHKのアナウンサーでも今風で、誤用や聴きづらい言葉を使っている。「みみざわりがいい」は間違いで耳障りは悪いが正解。なにげに、は無い、なにげなくだ。古い人間は看過できない。朝の番組はお若い方が多いのでなるべく正しい言葉で御願いしたい。聴きやすい時間帯9時台に自局制作の番組がほしい。

 ・高橋委員
   
朝、良い音楽が流れると一日気分が良い。新刊本の紹介がなかなか良いと思う。小中学生の試合の結果も放送してほしい。展示会の入賞者からのインタビューもピッカラ以外に放送は無いので大勢の人の声を放送してほしい。本人以上に周りの人間が喜ぶ。幼児へのインタビューは難しいところもあるがもっと増やしてほしい。名所・植物・動物など短くてもいいので学芸員や専門家から話を聞きたい。今日は何の日に合わせて格言みたいなのもあればいい。

 ・千原委員長
   
実は昨日、第一中学で「子供を育てる会」があった。教室に入りきらないほど大勢の参加があり、活発に議論がなされた。このような討論会も放送があると面白いのではないか。毎朝の放送は冬くらい内から仕事は大変だろうと思う。リスナーさんからの差し入れについてお礼を言っていたが、一般のリスナーの方はどう思うか少し控えるべきだ。「がんばれ小学生」の番組で「がんばる・がんばれ」、で作文の意味合いも変わるのでそのへんはどうか。月曜日の朝に、昨日の柏崎日報といっているが柏崎日報は日曜日休刊なので直すように。それから天気予報が必要以上に多いのではないかと思う。

 ・前田統括部長
   
皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成26年1月31日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成26年2月4日(火)〜平成26年2月10日(月)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第78回>

1 開催年月日 平成25年 11月29日金曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第78回)

3 委員の出席
   ・委員総数                 7名

   ・出席委員数              5名

   ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、本間シゲ子、西川暁子、小野豊秋

   ・欠席委員の氏名 与口登美夫、重原靖子

   ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の16時〜19時「WIND AVENUE」高橋裕美担当放送の感想とご意見。

5 議事の概要
   ・開会
     大矢局長
        お忙しい中お越し頂き有り難うございます。第78回目の番組審議会を開催いたします。今回は初めての自社事務所での年度3回目の開催です。議題の番組と10月以降の放送全般についてお伺いしたいと思います。議題の3時間の情報バラエティー番組の概要、局の現状に付いて説明、ご審議よろしくお願いいたします。
 
   ・審議(質疑応答)

6 審議内容   
 ・小野委員
    お知らせが非常に多いと思う。朝昼晩繰り返しのお知らせは1回に絞ったらどうか。インターネット放送で無音部分が非常に多い。著作権問題で楽曲を放送できないのは理解できるが、インターネット放送の存廃を含め根本から考える必要がある。番組と言いながら、生放送番組がお知らせの合間に情報が流れる内容では番組の意味合いが出てこない。たとえば特定の番組で無ければ聴けないような特徴がほしい。

 ・千原委員長
    先日訪問した職場で必ずピッカラに合わせてスイッチを入れる会社があったのでご報告しておく。16時から17時半まで聴いた。お知らせの時間が長いと感じる。番組の印象は全体的に硬い感じがした。個人的には柏崎日報ニュースをよく聴くが、朝に聞く人には内容が短く残念だ。パソコン販売のラジオショッピングが多過ぎると思う。要望だが、アルフォーレの名称に「柏崎の新市民会館」と言う様な説明が必要だと思う。夕方に「市長さんこんにちは」を放送していたがネーミングを考えるべきだ。実現は難しいかもしれないが、北原学長の日本語講座を是非放送してほしい。

 ・前田統括部長
    放送をよくお聞きいただき適切なご質問をいただきました。番組内での新聞報道は柏崎日報社との読み上げ範囲の限度の取り決めがあります。

 ・西川委員
   前に聞いたことですが、放送すると新聞購読をやめてしまうかもしれないと云う危惧ですが、柏崎日報ニュースは読んで聴いて2倍理解が進む相乗効果があると思うので今後も続ける事が重要だ。私はラジオショッピングについては今後も増えるので肯定的に捉えるべきだと思う。放送内容については他の放送局に引けを取らないと私は思っている。

 ・本間委員
    夕方は忙しくて聴きにくい。医療センターのリハビリ室はピッカラを5時まで放送しているので、入院患者がピッカラを聴くきっかけになっている。金曜日に放送していた阿部さんとの掛け合いが面白かったので別の人でも良いので是非やってほしい。

 ・高橋委員
    今回も車で聴いた。個人的には放送を通して市民に効果的に情報提供してもらっていると思う。日報ニュースは項目を絞って放送したらどうか。JRの運休情報は大変役に立つと思う。通学の子供たちがうろつかないようにこまめに情報を放送してほしい。最近ズンバという踊りがあるが人気があるので放送で取り上げてほしい。愛好者の間では、柏崎の大湊の海岸で荒海でのサーフィン有名だが、あまり知られていない。海の情報など市民に広める努力が必要だ。要は現場からのインタビューなど参加型番組を増やしてほしい。

 ・前田統括部長
    皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成25年11月29日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成25年12月12日(木)〜平成25年12月19日(木)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第77回>

1 開催年月日 平成25年 10月24日水曜日12時〜

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第77回)

3 委員の出席
    ・委員総数                   7名

    ・出席委員数                   4名

    ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、本間シゲ子,西川暁子

    ・欠席委員の氏名 与口登美夫、重原靖子、小野豊秋

    ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の朝11時〜14時「おひるはピッカラ!Smile Catch」大橋久美・船崎幸子担当

5 議事の概要

   ・開会
     大矢局長
       お忙しい中お越し頂き有り難うございます。第77回目の番組審議会を開催いたします。今回は年度2回目で今年もノルマを達成できますように皆様のご協力をお願い申し上げます。議題の番組と7月以降の放送全般についてお伺いしたいと思います。議題の3時間の情報バラエティー番組の概要、局の現状に付いて説明、ご審議よろしくお願いいたします。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容
 
 ・千原委員長
    火・水と3時間番組を全部通しで聴いたが、長時間で正直疲れた。16日のニッカイのメニュー変更告知で間違って古い情報が流れていた。取材番組で、JA愛采館や街ゼミの内容は良かったと思う。要望事項ですが、アルビレックスの野球の情報も伝えてほしい。日曜日を週末に含めて話していたが本当は週の初めではないかと思う。

 ・前田統括部長
    放送をよくお聞きいただき適切なご質問をいただきました。番組内での失敗は担当者から報告がきました。迅速にスポンサーにお詫びし、代わりの放送でご納得いただきました。取材は常日頃から強化しているので、少しは成果があると思っています。週末の定義については広く設定しており、金・土・日曜が含まれます。カレンダー的には勿論日曜が週の初めです。

 ・高橋委員
    今回は車で聴いた。賛否はあると思うが、個人的には東京電力の情報が多いので喜んでいる。先日私が代表をしている団体がウォーキング大会を開催したが新潟、燕など遠方からも大勢参加してもらった。此のことは放送に取り上げてもらった結果だと思う。最近オープンの展示スペース「三余堂」やブルボンKZ(社会人水球クラブ)についての情報を多く放送してほしい。もう一つ同級生でミヤタ自転車の社長をした人がいて、最近会社と関係無い社会貢献で叙勲を受けた。地元の誇りになるので是非放送で紹介してほしい。

 ・本間委員
   手帳を見ると日曜から週が始まる。7月の祇園祭民謡流しの放送の中で解説者が特定の人の声を放送してほしいといっていたが、雑踏の中では無理だと思うし相手を見つけられないので、必要ないと思う。愛菜館の取材のとき私もたまたま現地にいた。大変良いことと思うが、相手をおとうさん、おかあさんと呼びかけていたが変に思う人もいるので変えたほうが良い。「いかのおすし」のナレーションで語尾が流れるとしまらないと思う。危機感を伝えるうえで言い切る必要があるのではないか。

 ・西川委員
    私は野村さんの朝を聴いているが、演歌やロックは個人的に嫌だ。最近選曲も爽やかな曲に変わってきて口調もやさしくなってきた。聴き続けるのが邪魔にならないと思う。前はアナウンスに強い思い込みがあったが、良くなってきた。今回の全日本水球選手権の一連の放送はブルボンKZを市民に近づけたと思う。私たちサバト(絵本読み聞かせサークル)も15周年を迎え、アルフォーレで絵本ライブと講演会を実施するのでぜひ告知してほしい。

 ・前田統括部長
    皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成25年10月24日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
   平成25年11月1日(金)〜平成25年11月8日(金)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第76回>

1 開催年月日 平成25年 7月24日水曜日12時〜

2 開催場所  柏崎商工会議所会議室(第76回)

3 委員の出席
   ・委員総数                       7名
 
   ・出席委員数                    5名

   ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、小野豊秋、本間茂子,西川暁子

   ・欠席委員の氏名 与口登美夫、重原靖子

   ・
放送事業者側出席者名  前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の朝7時〜10時「モーバス」野村介石担当の、放送の感想とご意見。3月以降の放送全体的についての感想とご意見。 

5 議事の概要
  ・開会
    前田統括部長
      お忙しい中お越し頂き有り難うございます。第76回目の番組審議会を開催いたします。今回は年度1回目で今年もノルマを達成できますように皆様のご協力をお願い申し上げます。議題の番組と3月以降の放送全般についてお伺いしたいと思います。議題の3時間の情報バラエティー番組概要、局の現状に付いて説明、ご審議よろしくお願いいたします。

  ・審議(質疑応答)

6 審議内容
 ・千原委員長

    今日初めて7時から10時の番組を全部とおしで聴いた。要望事項ですが、サッカーアルビレックスの情報は多いが、野球の情報も伝えてほしい。今日良かったのは東京学芸大学付属中学校の生徒の谷口さんの話で、お爺さん・お婆さんと柏崎に一緒に来て、中越沖地震の防災関係の調査をされた話題だった。良い内容でしたが、欲を言えば柏崎との関係性や、なぜ中越沖地震なのかということも解ると良かった。ニュースについてだが、熱中症について全国的には報道されているが新潟県や柏崎市の状況に付いては報道されていないので独自に放送してほしい。同じように全国放送のニュースを色々放送していたが、本当に必要なのか疑問に思う。地元に関連したニュースをもっと放送してほしい。

 ・前田統括部長
    放送をお聞きいただき適切なご質問をいただきました。番組内での取材は常日頃から強化しているので少しは成果があると思う。先回も申し上げましたが、ニュースに関して独自取材はしていませんが今後改善の必要がある。
 
 ・高橋委員
    今回はあまり聞いていないが前よりも楽曲が多くなっていると思う。個人的に喜んでいる。高校野球予選大会柏崎勢の結果を最短時間で放送してほしい。先日どんがら祭りが終わりましたが、中継放送は無かったようですが各賞の結果や祭りの様子をきめ細かく放送してほしい。北原学長を囲む会があったんですが、留学生を集めるのも大変らしい。産大・工科大とも学生数の減少に苦慮している。こうゆうときこそ定期的に大学紹介の番組を放送してほしい。市民に身近な大学になるように応援すべきだ。

 ・前田統括部長
    おっしゃるように高校野球は途中経過含めて結果の放送も取り入れてやっているんですがなかなか連勝しないので盛り上がらない感じがあります。産大・工科大学両校とも番組を持っているので、その中で紹介できると良いのですが実体は学生さんの自由にしていて、大学の意図が反映されていないと思います。いずれにしろこまめに情報を集める努力が今後も必要だと思います。

 ・小野委員
    野村さんの番組は彼の嗜好で番組の色付けがハッキリしている。Jリーグ中心だ。委員長さんがおっしゃる様にアルビには野球もバスケもあるので、内容のある番組を作ってファンを呻らせる放送をしてほしい。野村さんの番組はピッカラでも一番表面的で深みが無い、個人的には人気があるのだから昔有った応援隊のような協力者を集めて番組作りを手伝ってもらうのがいいと思う。

 ・本間委員
   5〜6月体調を崩して入院していた。病院の中でピッカラが流されていて特に深夜の全国各地のコミュニティが放送している番組が面白かった。結果的に聞き比べが出来た。結局ピッカラの放送は大人し過ぎるのではないかと思う。病院の職員の方たちも他市からの人が多く、ピッカラ放送と気付かないで聴いている。脱水症状と熱中症での入院だったが、実際なるとこの病気は侮れない。たった一晩で全身の水が抜けてしまい意識も混濁、体も動かなくなる。地域のお医者さんから症状を含めて予防法を放送してほしい。柏崎でも私を含めてかなりの人が発症しているので放送すれば多くの人が助かるし軽くて済む。
 
 ・西川委員
    私は野村さんのしゃべりのトーンが高過ぎると思う。朝は演歌やロックは個人的に嫌なので選曲を気をつけてもらいたい。「頑張れ!小学生」の放送が8時頃にあるが子供たちが聴けないので時間変更したほうが良い。今朝竜巻情報を放送していたが、警報が出たら情報を具体的に説明してほしい。周りの状況も自分で見た感想を伝えてほしい。提案だが方言を積極的に取り入れて見たらどうか。リスナーからのメールを読んでいたが商品名が入っていた。善し悪しが絡むと苦情や抗議に繋がるので気をつけたほうが良い。

 ・前田統括部長
    皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成25年 7月24日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の前田弘実統括部長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成25年8月12日(月)〜平成25年8月16日(金)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。