<<番組審議委員会>>

<第87回>

1 開催年月日 平成225曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第87回)

3 委員の出席
   ・委員総数                     7名

   ・出席委員数                   3名

   ・出席委員の氏名 高橋保、西川暁子、小野豊秋

   ・欠席委員の氏名 千原昭夫、本間シゲ子、与口登美夫、重原靖子

   ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の午後4時〜7時「WIND AVENUE」高橋裕美担当の、放送の感想とご意見。1月以降の放送全体についてのご意見。

5 議事の概要
   ・開会
     大矢局長
       お忙しい中お越し頂き有り難うございます。すでに3月半ばを過ぎましたが今年は寒さ厳しく春は足踏み状態です。今日の議題は夕方の番組と1月以降の放送全般についてです。忌憚の無いご意見をお伺いしたいと思います。ご審議よろしくお願いいたします。

   ・現状報告
     前田部長
        主だった放送について報告いたします。1月以降も例年通りで、2月に東電説明会の司会、3月に市議会中継などを放送しました。冬は文化イベントは少ないですが、毎週末司会なども受け賜っています。他は特段ありません。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容 
 
・高橋委員
    
現場主義の成果が感じられる。いろいろな場所、卒業式・議会中継・雪割草の里など様々な事業を取材インタビューしていただき感謝している。ともすると柏崎は元気がないが、小中学生の声は大人に元気をくれる。北陸新幹線が開通したが、柏崎は交通が不便になった。現状を跳ね返す取り組みが求められる。たしかに、見るべき名所や名物料理も無いし、土産もない。そもそも柏崎は地域におもてなしの気持ちが薄いと思う。もちろん防災関係の放送も大事だ。少し気になるのはラジオショッピングの500円ノートパソコンで詐欺的な感じがするが大丈夫か。

  ・西川委員
    
朝を中心に聞いていますので、感想を交えてお話しします。地元ならではの番組構成で全体的に好感が持てます。あえていえば、「朝から藤巻」で歌謡曲の選曲が個人的には朝にふさわしくなく深夜向けの男女の刺激的な歌詞の曲が多いと思う。携帯のauの宣伝で週一くらいで放送しているが他社も交えてスポンサーを増やせばいいと思う。柏崎は意外とオタクが多いのでコーナーをやってみたらよい。とにかく人気番組を一つでも作ってほしい。先日、柏崎で水球の大会が有った。女子の選手も取材して欲しかった。水球大会は今後柏崎で10回継続されるので、先ほど、柏崎を売り込むシティセールスの話も出たが、全国から40チームが参加した大きな大会なので市を挙げて盛り上げる必要がある。レセプションも盛大にして大いに柏崎を売り込むべきだ。現状では盛り上がりに欠けるのであえて言いました。

  ・小野委員
    
雪割草の話、船崎さんの卒業式のインタビューも大変良い。高橋さんの番組は非常に良いと思う。先回も申し上げたが、6〜7時の遅い時間はテレビが多くなる。4〜6時に取材や企画の重点番組を集中して、遅い時間はお知らせやランキングを放送した方が良い。春は桜の開花状況も放送してほしい。時間帯による曲目選定についてはボランティアの番組は事前のチエックが必要だ。応援隊を復活させて新たな番組制作を提案する。例えば高齢者による高齢者ターゲーットの番組や相沢先生にコメントしてもらう番組とかどうか。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成27年3月25日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成27年 3月30日(月)〜平成27年4月5日(日)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第86回>

1 開催年月日 平成227曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第86回)

3 委員の出席
    ・委員総数                7名
 
    ・出席委員数                3名

    ・出席委員の氏名 高橋保、本間シゲ子、小野豊秋

    ・欠席委員の氏名 千原昭夫、西川暁子、与口登美夫、重原靖子

    ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の朝11時〜14時「おひるはピッカラ!smile Catch」大橋久美・船崎幸子担当放送の感想とご意見、12月以降の放送全般について。

5 議事の概要
   ・開会
     大矢局長
       本日は忙しい中お越し頂き有り難うございます。今日は少人数での委員会の開催です。ご予定のある委員の方も多いようなので集中審議でお願いしたいと思います。今日の議題は昼の番組と12月以降の放送全般についてです。忌憚の無いご意見をお伺いしたいと思います。ご審議よろしくお願いいたします。

   ・現状報告
     前田部長
        主だった放送について報告いたします。12月は例年通り市議会一般質問中継などを放送しました。年末年始は特別番組編成で、市長はじめ主だった皆様の新年挨拶を中心に放送しました。1月は司会の仕事ですが、原子力発電所住民説明会を2か所で実施しました。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容 
 ・小野委員

    
お昼前後の番組を聞いていて、以前よりインタビューや市民の声が多くなったと思います。良い傾向です。年越しの深夜に初詣市民インタビューを放送したらどうか。年始の番組は全体的に良くできているがマンネリ化も感じるので新しい企画も取り入れてほしい。申し上げるべきことは、申し上げつくした感が有りますが、あえて言えば朝の時間帯で衛星放送の切り替えの時、前ふりなしでいきなり音楽の途中から入る事が有るので改善してほしい。

 ・本間委員
    お昼の番組は聞きにくいが、全体的にはほっとする楽曲が多く良いと思う。インタビューや取材で出演者に放送日をお知らせしていると思うが、言葉だけだと忘れたり間違えたりするので文章で知らせてほしい。主婦感覚で言えば、マリンワンダーランド情報や野菜の虹色畑などこれを聞いて買いに行く人も多いので大変良い番組だと思う。

 ・高橋委員
    
私も共同年賀のインタビューの放送日を聞いたけど忘れたので是非書いたものが欲しい。秋子の昔話で天神まつりの話が面白かった。前田さんが神主さんと話している番組もなかなか面白い。季節や時代いわれや伝説と興味が尽きない。

 ・大矢局長

    
皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成27年1月27日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成27年1月30日(金)〜平成27年2月5日(木)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第85回>

1 開催年月日 平成26年1217曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第85回)

3 委員の出席
    ・委員総数                 7名

    ・出席委員数                5名

    ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、本間シゲ子、西川暁子、小野豊秋

    ・欠席委員の氏名 与口登美夫、重原靖子

    ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の朝7時〜10時「モーバス」野村介石担当放送の感想とご意見、10月以降の放送全般について。

5 議事の概要
   ・開会
      大矢局長
        かってない荒れた天候の冬を迎えました。本日は忙しい中お越し頂き有り難うございます。委員の皆様におかれましても体調管理など一層のご自愛をお願いします。今日の議題は朝の番組と10月以降の放送全般についてです。忌憚の無いご意見をお伺いしたいと思います。ご審議よろしくお願いいたします。

   ・現状報告
      前田部長
        主だった放送について報告いたします。10・11月は例年通りで、12月は市議会一般質問中継などを放送しました。文化イベントが多く、毎週末司会なども受け賜っています。他は特段ありません。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容
 ・小野委員
    申し上げるべきことは、申し上げつくした感が有りますが、あえて言えば野村さんのアルビ情報はサッカー中心ですが、アルビには色々な種目のチームがあるのでシーズンやタイミングを見ながら幅広く取り上げてほしい。これから新春正月に向かって、展覧会・展示会など文化的なイベントが多くなるのでそういう話題も番組に取り入れてほしい。いつも同じ話題ばかりだと飽きると思う。ワンパターンに陥らないように。前から、コミセンネットワークを提案しているが、現状26か所コミュニテイセンターが有るが、取材範囲が狭く放送頻度も少ない。イベントの告知だけでなく活動報告等もっと改善し真剣に取り組むべきだ。

 ・西川委員
    昨日の夕方から今出てくるまで流して聞いた。コツコツ貯筋体操もやってきました。全体を通して、番組転換の時の効果音ジングルBGMがダサいと思う。雰囲気が合わない。例えば、妙にドラマチックだったり、ハイテンポで大袈裟だったりする。もっとお洒落にすればよい。改善するとピッカラのイメージも良くなるのではないか。リクエスト曲が短時間で終わる時が有る。ニュースなどで転換の間合い、無音の時間が長い。意味が無くなるので注意してほしい。今まで夕方ピッカラはテレビに勝てないと思っていたが、通しで聴き続けたら案外聞き易かった。そんなことで、聴き易かったです。

 ・千原委員長
    
同期会が有ったので意見を集めてきた。ピッカラの狙っているターゲットはどの世代なのか良く解らない。ピッカラを聞くのは、たまたまの時が多いと思う。楽曲は若者向けの感じが有るが、コメントや話題は中年向けが多いと思う。パーソナリティーは誰に向かって話しているか意識しながら話すべきだ。相手に届く話を熟慮してほしい。次に「頑張れ小学生」の作文朗読の後のコメントがぴったり来ない時が有る。上から目線や批評が入ると好ましくないので、あえてコメントしない方が良いかもしれない。朝から歌謡曲はいただけない。ニュースや情報を充実した方が良い。

 ・高橋委員
    
西山はほとんど入らない。いつも言っているが議会中継は大変重要だ。最近の悪天候で降雪情報は大変貴重なのでもっと情報を入れてほしい。ニュースの時、もっと情報の項目を絞り込んで深く切り込んで解説を交えて放送してほしい。私はスポーツに関心が有るので、柏崎ゆかりの選手を紹介してほしい。インタビューや対談など増やせないか。震災以来えんま通りは復興に取り組んでいるが殺風景なままでにぎやかさが無い。店の紹介番組をやって活性化に協力すべきだ。

 ・本間委員
    
最近放送は上手になったと思う。たしかに番組の転換は無音が長かった。野村さんの番組ではサッカーの電話インタビューが大変良いと思うが9時代ではなく8時台に放送すべきだ。私は「頑張れ小学生」の事が気になる。前に「頑張れ小学生」の事が話題になったが、NHKも同種のコーナーでコメントを控えた時期が有る、注意してコメントすべきだ。

 ・大矢局長
    
皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成26年12月17日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成26年12月24日(水)〜平成26年12月30日(火)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第84回>

1 開催年月日 平成26年1029曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第84回)

3 委員の出席
    ・委員総数                     7名

    ・出席委員数                    5名

    ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、本間シゲ子、西川暁子、小野豊秋

    ・欠席委員の氏名 与口登美夫、重原靖子

    ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の午後4時〜7時「WIND AVENUE」高橋裕美担当の、放送の感想とご意見。9月以降の放送全体についてのご意見。

5 議事の概要
   ・開会
     大矢局長
       お忙しい中お越し頂き有り難うございます。今年は秋が短く、寒い気候になりました。ちなみに私がお世話したモンゴルの留学生からの便りでは、モンゴルはすでに氷点下30度の日もあるとのことです。委員の皆様におかれましても体調管理など一層のご自愛をお願いします。今日の議題は夕方の番組と9月以降の放送全般についてです。忌憚の無いご意見をお伺いしたいと思います。ご審議よろしくお願いいたします。

   ・現状報告
     前田部長
       主だった放送について報告いたします。9月は例年通りで、市議会中継・10月は市の防災訓練などを放送しました。秋は文化イベントが多く、毎週末司会なども受け賜っています。他は特段ありません。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容
  ・西川委員

     
夕方、毎日ウォーキングがてら、海岸の見回りをしている。結構大勢歩いているが、防犯灯が消えているのが多く、気になる。朝の番組で突然言葉が途切れ、空白の時間が有るのが気にかかる。改善してほしい。でも、今朝のグループサウンズの曲は大変良かった。私は、朝の野村さんの明るい声がいいなと思っている。

  ・千原委員長
     
夕方の高橋さんは声がよく通るし、番組も工夫していると思う。文句ないが、あえて細かいことを言うと、例えば「家の中で猫が一人で留守番をする」と言っていたが、気持ちは解るが正しい言葉を使うべきだ。インタビューの時、誰が話しているかわからないので時々名前を言ってほしい。魚釣り場の利用規則で小学生以下は利用できないと言っていたが間違いではないか。  子供が犯罪に巻き込まれないために、「いかのおすし」の標語キャンペーンをしている。大変効果的なので、熟年向けにオレオレ詐欺予防のキャンペーンをしてほしい。柏崎でも詐欺被害がでている。

  ・高橋委員
     
私どもの主催事業をインタビューしていただき感謝している。できれば試合の結果も放送してほしい。先日物損の交通事故に遭った。夜中に保険会社から電話があったが、家内は詐欺の電話と思い、危うく電話を切る所だった。結局交通事故は双方に責任が発生し91で決着した。たしかに、オレオレ詐欺は多い。警察では出前講座、青少年育成委員会では寸劇もやっている。布施さんが窓口です。

  ・小野委員
     
高橋さんの番組は非常に良いと思う。67時の遅い時間はテレビが多くなる。46時に取材や企画の重点番組を集中して、遅い時間はお知らせやランキングを放送した方が良い。コッコッ貯筋やインタビューを多くすれば聴く人が増えると思う。

  ・本間委員
     
先日長岡の少年院を訪問した。未遂が多いが、振り込め詐欺の手先になってお金を受け取る出し子で捕まる少年が増えている。是非キャンペーンしてほしい。東電の放送で、話が事務的で反省の気持ちが伝わらないと思う。時々インタビューの時相手の声が聞き取れないことがある。

  ・大矢局長
     
皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成26年10月29日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成26年11月10日(月)〜平成26年11月16日(日)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第83回>

1 開催年月日 平成26年 17曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第83回)

3 委員の出席
   ・委員総数                       7名

   ・出席委員数                    3名

   ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、小野豊秋

   ・欠席委員の氏名 与口登美夫、本間シゲ子、西川暁子、重原靖子

   ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
    月〜金の朝11時〜14時「おひるはピッカラ!smile Catch」大橋久美・船崎幸子担当放送の感想とご意見、5月以降の放送全般について。

5 議事の概要
   ・開会
      
      大矢局長
        お忙しい中お越し頂き有り難うございます。今年は異常気象が常態化して全国各地で集中豪雨による水害、土石流が頻発し大きな被害が出ています。幸い柏崎は無事で居るわけですが、不安定な気象はいつ災害をもたらすかもしれません。我々もより良い防災放送を目指し精進いたします。
        委員の皆様におかれましても体調管理など一層のご自愛をお願いします。今日の議題は朝の番組と5月以降の放送全般についてです。忌憚の無いご意見をお伺いしたいと思います。ご審議よろしくお願いいたします。

   ・現状報告
      前田部長
        主だった放送について報告いたします。5月は風の陣。6月は公開市議会報告会を議会からご依頼を受け、アルフォーレより実施しました。7月はぎおん祭で3日間中継をいたしました。今年は予算の関係でゲストは花火の解説者だけに縮小いたしました。8月は特段ありません。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容
 
・高橋委員
    いつも大事だなと思って聞いているのが議会と東電関連の情報です。そんななかでも、最近現場主義が浸透して、子供の声だとか生の声が聴ける放送が増えてきたと思う。インタビューの技術も大変良いと感じる。楽しく聞ける。先ほど放送で「皆の前向き駅伝」の事を聞いて興味を持った。できれば事前に場所・時間を聞いて私も見たいと思った。先の話だが、東京オリンピックを目指すジュニアの選手が出てきた。これも取材で取り上げてもらいたい。最近少子化で学校と地域教育が問題になっている。柏崎もモデル地区指定を受けて取り組み始めた。学校と地域をつなぐ企画番組を放送してほしい。

 ・千原委員長
    最初は花火の件ですが、孫が体調不良で家のベランダから初めて花火を見た。ラジオを聞きながら見物していると大変よくわかったし、楽しめた。花火見物はすごい混み方で、場所取りやトイレも大変で難行苦行だ。家内が、「来年からここで見ましょう」と言っていた。番組内で県外のコメントが多く紹介されていたが、あれはインターネットで画像を見ている人が大勢いると言うこと、すごい時代になったと思う。解説の方も大変わかり易く、興味の湧く解説でよかった。
    今日のために、1週間前から11時代から2時まで視聴した。ちょうど議会中継で普段聞かない市の色々なことが聞けて新鮮だった。プログラムと違う放送なので、カットされた番組はどうなるのか少し気になった。インタビューの時、半田地区のミニバス、交通情報、病院、フォンジェ等、声が小さいし子供に対しては、つっけんどんな感じがした。

 ・小野委員
    最近ラジオ放送を聴く機会が少なくて申し訳ない。たまたま聞いた時、 11時からラジオを聞いたら市議会中継だった。意見を聞いた事のない議員の質問を聞けて良かった。花火中継はもちろん喜んでいる。インターネットで諏訪湖の花火を見た、打ち上げ前に様々な花火の紹介があり、打ち上げが始まってからの花火がより楽しめる。ラジオは画面がない分、工夫しないと伝わらない。前に自宅からラジオ聴きながら花火を見たが、現地に行かなくても臨場感を味わえる。ピッカラの花火解説は内容が良いので今以上にアピールできる。今後大変だと思うが、ピッカラは企画制作番組を増やすべきだ。例えばお店のママを紹介する「ママを訪ねて3000里」とか、北原学長に話してもらうとか。防災避難計画が問題になっているが、市の担当者から解説してもらうとか切り口は色々ある。前から提言しているが市民のボランテアで通信員を作って情報を集めると良い。

 ・大矢局長
    皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
    平成26年9月17日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
    平成26年9月26日(金)〜平成26年10月2日(木)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。


<第82回>

1 開催年月日 平成26年 30曜日12時〜

2 開催場所  柏崎コミュニティ放送事務所 (第82回)

3 委員の出席
   ・委員総数                  7名
 
   ・出席委員数                    5名

   ・出席委員の氏名 千原昭夫、高橋保、本間シゲ子、西川暁子、小野豊秋

   ・欠席委員の氏名 与口登美夫、重原靖子

   ・放送事業者側出席者名 大矢良太郎 局長 前田弘実 統括部長 

4 議題
   月〜金の朝7時〜10時「モーバス」野村介石担当放送の感想とご意見、3月以降の放送全般について。

5 議事の概要
   ・開会

      大矢局長
         お忙しい中お越し頂き有り難うございます。第82回目の番組審議会を開催いたします。先般5月22日第20期の株主総会を無事終了いたしました。今季はささやかな黒字でございました。まだまだ累積赤字解消には至っていませんが、当社の取柄は無借金だということです。今後もより良い放送を目指し精進いたします。今日の議題は朝の番組と3月以降の放送全般についてです。忌憚の無いご意見をお伺いしたいと思います。ご審議よろしくお願いいたします。

   ・審議(質疑応答)

6 審議内容   
 ・小野委員
    最近朝の放送を聴く機会が無くて申し訳なかった。たまたま聞いた時に、アルビレックスの話をしていた。電話か何かで会話していたと思うが、野村さんはスポーツの話はお得意なので、できれば出向いて話を聴いてほしい。特にプロでなく、アマチュアスポーツを中心に。お知らせばかりでつまらないと言われないように。例えばオガミ岳のハンググライダーや宮川のサーフィンなどそう言う所へ行って取材するのもいい。話を聴いて体験したい人も出てくるだろう。アルビもいつも電話だと話が同じになる。ゴルフでも何でもよいと思う。毎回でなくたまにやればよい。取材に行けば親近感ができ聴いてくれる人も増える。番組全部3時間聴いていれば面白い内容もあるかもしれないが、聴きつづけられるリスナーは少ないと思う。1日に同じお知らせを何度も聞くのはつらい。

 ・千原委員長
    あまり聞いていないので答えづらい、先般苦情を中心に審議をするように言われた。今回82回とも成れば、慣れもあり、あら探しが出来なくなっている。先日、熊や猪の出没情報が放送された、地域にとって重大な情報だと感じた。海岸で波にさらわれ死者が出た事故が全国的に大きく報道された。事故防止の観点から危険情報を事前に放送できないか。サーフィン関係者も度々出演しているので事故防止の呼びかけができると思う。

 ・高橋委員
    被災者の為の福島の情報も3年続けている、敬意を表したい。車で聴いていたらアルビの情報も有り、いいなと思って聞きました。それから先日実施された潮風マラソンも全国区に発展して3000人以上の参加と聞きました。これなども結果を含め様子が解るように放送してほしい。もちろんサラッとは放送していたが良い素材なので一歩踏み込んでほしい。1週間後の風の陣も晴天で大成功だったようだが、結構いけない人もいるので雰囲気だけでも伝えてほしい。放送の中で興味を引かれた映画の上映告知があったが場所のFステーションが私には理解できなかった。もう少し丁寧に繰り返し告知してほしい。拉致問題で情報を流してもコメントしないでさらりと締めた。政治問題は難しいので、下手にコメントしないほうがよい。

 ・本間委員
    年齢的に落ち着きが感じられピッカラも聞きやすくなったなと思います。野村さんの番組でよくリクエストがかかるが、若い人の曲は少しにぎやか過ぎるので、朝にふさわしい曲を間に挟んでほしい。アルビ練習場のレストランで中学生・高校生・若い選手が「今日は、今日は」とお客さんに挨拶しながら入ってきて私は感動した。おかげで一日中気分がよかった、礼儀正しく話しかけてきて清々しい気分になった。スポーツは人間形成にとても大事なものだと思う。表面的な試合のことだけでなくそう言う所も伝えられたらいいと思う。選手たちを改めて見直した。最近の子供たちは、地べたに座り込んでペタペタ化粧している大変な時代になりました。

 ・西川委員
    私もこの時間なかなか聴けなくて、テレビの面白いのもあるし、千原さんが仰ったみたいにラジオの流し掛け、聴き流し、でも時々空白の間が有る。他の放送にはないが、ピッカラはしょうがないかと聞いている。楽曲はリクエストだからしょうがないけど、確かに賑やか過ぎる。演歌もかかるけど正直何とかしてほしい。株主総会が終わったそうだがピッカラの経営は大変だと思う、市民から浄財を集める新しいビジネスモデルを構築してほしい。

 ・大矢局長
    熊の出没、高波、異常気象、災害、最近は何が起こるか解らない。当局でもリスナーのニーズ状況を把握し、旬のニュース取材を心がける必要が有る。
    皆様の御意見を聞いていると大変参考になると感じました。聴取者の立場発言を踏まえて、より良い放送を心がけて参ります。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置、及びその年月日
     平成26年5月30日審議委員会当日、審議委員の各ご意見に関し、放送事業者側の大矢局長は、審議内容の中で、各々のご意見について十分理解できる旨の意向を示し、改善出来る点を今後局内で考慮し、より良い放送を目指すことを表明した。また、今後とも番組審議委員会のメンバーの一層の協力を要請し承諾を得た。

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日
     平成26年6月11日(水)〜平成26年6月17日(火)までの一週間、同文章を当局ホームページに載せる事により公表する。

9 その他参考事項 特記事項なし。