「陽だまり」ホームページ > パソコンお助け情報INDEX > Webページ作成 INDEX

入力に間違いがないのに表示が違う

パソコンお助け情報

Webページ作成

困った顔アイコン Webページのスタイルシートの別ファイル(*.css)を作るとき、入力に間違いがないのに表示が違うことがある。

解決した顔アイコン HTMLファイルをブラウザで見るわけですが、使っているブラウザが対応していない場合期待した結果になりません。また、対応の仕方もブラウザの種類やバージョンによっても違います。また、作成したHTMLファイルのバージョンによっては、スタイルシートに対応していない場合もあります。
同じHTMLファイルを同じブラウザでCSSファイルを変えて見較べる場合に、期待した結果がでないときは、CSSファイルに原因があると考えられます。
Webページを作るときは、スタイルシートのCSSファイルも、HTMLファイルもエディタでキー入力してファイルを作ります。
詳しいことは判りませんが、キーボードを打つと、パソコンの中で打ったキーに相当する文字として取り扱われ、エディタの画面に文字が表示され編集することが出来ます。キーは機械的にはスイッチの機能で電気信号を[入・切]をするだけですが、パソコンの中では「どのキーが入ったからどの信号」という具合にデジタル信号で取り扱われ、それの信号が私たちの目に見えるモニタの画面で文字として現れたり、計算や通信に使われたりします。
文字を表示したり、印刷したり、通信に使うときは[文字コード]という符号で取り扱われていますが、この符号に私たちの目に見えない「制御文字」というものがあります。キーボードのどのキーがどういう制御文字を入力するのかは判りませんが、文字が書いてあるキー以外の機能キーを打ったとき(組み合わせの場合もある?)に入るのだと思います。
Back space キーや Delete キーで画面の文字が消えても符号が残っている場合があるようです。
Wordで以前使った書式が残っていて編集に梃子摺るのと同じです。新しいファイルで作り直すか、問題のありそうな部分(行)を削除して入力し直すと改善されることがあります。また、キーボードから文字をなるべく入力しないで、HTML Project2 などのソフトを使って入力する方法があります。


「陽だまり」ホームページ > パソコンお助け情報INDEX > Webページ作成 INDEX

(2006/2/27 UP) 作成&連絡先 NET・陽だまり