PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
地球環境にメッセ−ジ まんが博など
 かしわざき環境フェア’98(市、市教育委員会主催)の一環として、このほど市内学校町のソフィアセンターで環境まんが博が始まった。併せて中学生による環境絵画展、再発見・柏崎の自然写真展も開かれ、環境問題への関心を高めている。

 環境まんが博は地方での開催は全国的にも珍しく、昨年に続いて2回目。「アツーイ地球SOS!」をテーマに、プロで組織した「地球環境を守る漫画家の会」の故石ノ森章太郎、ちばてつや、里中満智子ら23氏から71点が出品された。

 作品は地球温暖化やフロンガス、タンカー原油流出、熱帯林、ワシントン条約、酸性雨、ごみ問題などをテーマに、それぞれの作品を通して、環境破壊ストップ、美しい地球の保護などのメッセージが送られた。会場には子どもたちからお年寄りまでが訪れ、1点ごとに見入る姿が続いた。 併せて市内の中学生による環境絵画展が開かれ、「生き物を大切に」「自然大好き」「地球に愛の手を」などと訴えた力作が並び、全日本写真連盟柏崎支部の「再発見・柏崎の自然・写真展」も。まんが博が15日まで、環境絵画展と写真展は24日まで。いずれも入場無料。

(1998/ 6/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。