PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
参院選の戦いスタ−ト 新潟選挙区に7候補
 第18回参院選挙は25日公示され、7月12日の投票日に向けて17日間の選挙戦に突入した。新潟選挙区(定数2)には予定通り現職・新人7人が立候補。県選管への届け出は初日午後5時までだが、ほかに出馬の動きはなく、7人で2議席を争う戦いとなるのは確実な情勢だ。

 立候補者は、届け出順に、社民党現職で新党さきがけ、市民新党にいがた推薦、新社会党支持の大渕絹子氏(53)、自由連合新人の目黒一秋氏(35)、民主党、公明、改革クラブ、新党平和推薦で無所属新人の星野行男氏(66)、自民党現職の真島一男氏(65)、自由党新人の本田佐敏氏(64)、共産党新人の五十嵐完二氏(64)、無所属新人の田中直紀氏(58)。星野氏と田中氏はともに前代議士で、平成8年の総選挙で敗れたことに伴い参院転身を目指す。また五十嵐氏は3年前の前回参院選に続いての立候補だ。

 柏崎・刈羽では、大渕陣営は社民党の柏崎刈羽合同選対が中心になって、支持労組縮小の逆境をはね返して議席死守にかける。目黒陣営は比例選と連動させ、自由連合への支持を集めていく戦いになると見られる。星野陣営は推薦各党と、社民支持組合を除く連合柏崎地協による新民連合柏崎刈羽選対が組織を動員して議席獲得をねらう。真島陣営は自民公認の現職という強みを前面に出し、党柏崎支部と選対が運動を担って支持固めを図る。

 本田陣営は比例選と連携しての運動で、自由党への支持拡大を目指す。五十嵐陣営は、近年の共産党勢力伸張を背景に党柏崎市委員会が政策中心の戦い。期間中、上田耕一郎副委員長も迎える予定だ。田中陣営は自民公認が得られていない中でのスタートとなったが、夫人の真紀子代議士と一緒に田中ファミリーに対する当地の根強い支持に期待している。

(1998/ 6/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。