PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
11日から年末の交通事故防止運動

 「嫌いです 飲んで乗る人 飲ませる人」をスローガンに、年末の交通事故防止運動が11日から31日までの21日間にわたって繰り広げられる。運動の重点は、飲酒運転の追放、高齢者の交通事故防止の2点だ。

 柏崎警察署や各市町村、柏崎地区交通安全協会では、各種の広報で事故防止を呼びかける。市では運動前日の20日夕方に防災無線による広報を行うとともに、14日から25日までの平日の午後と夕方に、広報車を巡回させて事故防止を訴える。刈羽村ではナイトポリス広報として、反射材のついた警察官の姿のシートを村内防犯灯に取り付けて、ドライバーに注意を促す。各自治体で、カーブミラーの点検・清掃、チラシ配布なども予定している。

 忘年会シーズンに当たることから、柏崎署では飲酒運転の取り締まりを従来に増して強力に行う方針。また高齢者宅への訪問指導を継続して行い、事故防止を図っていく。

 同署管内では今年に入ってから6日までに、385件の人身交通事故が発生。11人が死亡し(ほかに24時間後にも1人が死亡)、448人がけがをしている(うち、重傷者は59人)。事故件数、傷者は前年同期を下回っているが、死者は昨年と同じだ。11月末現在の物損事故数は1,564件。

 事故原因として今年特に目立つのは、飲酒が何らかの形で関与したケースで、大幅に増加し死者も出ている。また歩行者、特に高齢者の事故も増えている。

(1998/12/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。