PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
新春体育懇親会で活躍と振興誓う

 柏崎体育団(高橋保団長)の新春体育懇親会が22日夜、産文会館大ホールで開かれた。西川市長をはじめ、競技団体や地区体協の関係者、賛助会員ら約430人が参加し、今年の活躍と地域スポーツの振興を誓った。

 会では「若い力」の合唱の後、今年度の優秀体育人を表彰。日本空手道連盟空和会県本部会長の尾崎靖さんに功労賞、陸上競技を中高生に指導している高野彰さん(柏崎陸上競技協会)に指導者賞、水球ジュニアナショナルチーム代表に選ばれた手打真奈美さん(柏高3年)にスポーツ栄誉賞をそれぞれ贈った。また、遠藤誠造さん(柏崎卓球連盟)、小林豊八さん(坂田体育研究所)には感謝状が渡された。受賞者を代表して尾崎さんは「歴史ある柏崎体育団から栄誉ある賞をいただき、この上ない喜びだ。これからも母体団体と柏崎体育団の発展に尽くしていきたい」と語った。

 あいさつに立った高橋団長は、経済不況など昨年を振り返りながら「地域の活性化のためにも、スポーツから明るい話題を」と呼び掛け、これからの目標として、ジュニアの育成や選手強化に力を注ぎたいとした。また西川市長は「2009年の新潟国体に向けてまい進してほしい。大きな目標は、人をより一層大きくする」と述べた。

 会場では、和やかな雰囲気の中、あちこちで交歓風景が繰り広げられた。

 優秀体育人表彰のうち、優秀競技者賞、競技者賞、奨励賞の受賞式は2月6日、産文会館で行われる。

(1999/ 1/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。