PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
市街地にホタル飛び交い、親子連れら鑑賞

 市内の三島町、剣野町周辺で今月初めごろから、ゲンジボタルが飛び始めた。自然の恵みである貴重なホタルを保護していこう――と昨年暮れ、両町内などに住む人たちによって発足した剣野川ほたる保存会(事務局長・永井幸一さん)にとって初めての年。市街地での生息は珍しいだけに、親子連れらが鑑賞に訪れ、交流の光景が続いている。

 同保存会は昨年夏、三島町集会所から剣野団地間の約300メートルの水路にホタルが大発生したことから、何とか身近なホタルを保存していきたいと結成。最初の活動として、ホタル保護に必要な水の確保を建設省・長岡国道工事事務所に申し入れる一方、知識や情報を得るため、県ホタルの会、県の環境NGOにも入会した。 ホタルは今年も6月初めごろから、少しずつ姿を見せ始め、今では目視で一晩に約200匹が飛び交うようになった。こうした状況に、同保存会では通行車両の徐行、自粛を求めるはり紙などを出して協力を呼び掛けた。また、沿線の各戸の中には明かりを暗くする家もあるほどだ。

 両町内には身近な鑑賞を楽しむ親子連れや、町外からもたくさん訪れ、光の舞を楽しみ、ホタルを通して、交流の輪が広がりつつある。永井事務局長は「昨年よりのやや少なめだが、この雨でどうなるか。20日ごろまで見られるのでは。市街地の街灯の下で飛び交うなど条件的には珍しく、大学や関係機関からの研究のための依頼が来ている。会として始まったばかりなので、ホタルの保全に向けて、これから勉強していかなければ」と話している。

(1999/ 6/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。