PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
柏崎職安、高卒就職選考を前に企業に書類手交

 来春高校を卒業する就職希望者への選考が16日から始まるのを前に、柏崎公共職業安定所(山口隆所長)は6日、生徒の応募書類を事業所の人事担当者らに手渡す手交式を行い、地元就職促進を呼び掛けた。

 同職安では新規高卒者の地元就職を目指し、4年前から生徒の応募書類を直接事業所に手渡している。管内では今年度、地元就職を希望する高卒予定者約250人に対し、8月末で受理した求人が約140人。最も厳しいとされた昨年度の46%にしか達していない。

 山口所長は「戦後の混乱期を除き、最悪の年の1つ。私も40年近くの中で初めての体験」とし、「このままでは半数以上が就職できないまま、卒業ということになりかねない」と危機感を表わした。職安では高卒者の就職開拓を専門に行う推進員2人を増員し、8月中に二百数十社を訪問。11月まで従業員5人以上の約900社をすべて回る予定だが、これまでほとんどの事業所が事態の重大さを理解しながら、先の見えない状況を訴えているという。

 手交式では職安が「1人でも多くの採用を」と訴え、出席した約20社に生徒の応募書類を手渡した。席上、「面接での不適当な質問、内定取り消しのないように。本人の適性と努力で選考してほしい」と呼び掛けた。

(1999/ 9/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。