PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
北条コミュニティが音楽劇のテーマ曲歌詞募集

 北条地区コミュニティ振興協議会(藤田克子会長)は、来年の同コミュニティ創立25周年記念事業として同年秋のコミュニティ祭りに音楽劇「長鳥の久遠(とお)い流れ」を上演することになった。同コミュニティでは劇の中で大きなウエートを占めるテーマ曲「きたじょう」の歌詞を広く市民から募集する。

 音楽劇は新しい地域文化の創造を目指しての取り組み。長鳥地区に残る即身仏・秀快上人や弘法大師伝説に八石の伝説を組み合わせ、長井満・柏崎演劇研究会代表が脚本を執筆中だ。物語の柱は、幕末の徳川家臣・勝海舟が麟太郎と呼ばれていた少年時代、曽祖父・米山検校(けんぎょう)のふるさと北条を訪ね、そこで知り合った少年たちと地域を巡り、秀快上人や弘法大師の話を聞いて世のため人のために尽くそうと決意を新たにする──というもの。

 詞の形式・内容は、1番、または1・2番、1−3番のいずれでもかまわない。ドラマの内容や北条を象徴するイメージを持つもの。ドラマ実行委員会で審査し、採用作品を決定する。作曲はその後行う。応募時に曲をつけてもよい。応募は作品に住所、氏名、年齢、性別、電話番号、勤務先(学生は学校名)を明記し、今年10月末までに同コミュニティへ。ストーリーなど詳しい内容の問い合わせも同所(電話25−3355)へ。

(1999/ 9/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。