PHOTOニュース

開通前の国道8号柏崎バイパスで行われた3機関合同事故想定訓練=24日、市内米山台西の柏崎トンネル内 (2022/11/25)


県介護技術コンテスト「移動移乗ケア部門で最優秀賞になった「むつ み荘」のチーム。松井園長と、本間さん(右)、押見さん(左)=市内 畔屋 (2022/11/24)


カーリングの関東中部シニア選手権で準優勝した「ストーンズクラブ新潟」。柏崎から小池さん(中央)と大橋さん(左から2人目)が出場し、全国出場へ貢献した (2022/11/22)

>>過去記事一覧
わたしの主張県大会 柏崎養護・高橋君特別賞

 「わたしの主張\'99新潟県大会」(県・県教育委員会主唱、青少年育成県民会議主催)が23日、市民会館大ホールで開かれた。柏崎で5年ぶりの大会には、県内各地の中学生代表17人が出場して、堂々と発表を続けた。

 午後1時から開会して、西川市長らの歓迎の言葉を受けた後、各地区大会を経た17人の代表が次々と登壇。約6分の持ち時間で、それぞれが学校や地域、家庭生活などを通して考えたことや感じたことを表情豊かに、力いっぱい述べた。中には相撲のまわし姿で出場した代表もいた。

 地区大会と同じく、論旨や話し方、発表態度などの点から10人の審査員が採点した。最優秀賞には「私の誇り」のテーマで、障害のある友だちとの出会いを通して、差別のない社会をつくる努力をしたいと訴えた上越市直江津中3年・草間夏季さん。優秀賞には新潟市の赤塚中2年・高杉愛里さんの「勇気をくれた兄さん」、新津市小合中3年・小泉恵太君の「相撲を通して学んだこと」が選ばれた。

 大会には、柏崎刈羽地区代表として、刈羽中3年・姉崎洋子さんが「今、母への思いを込めて」、柏崎養護中学部2年・高橋翼君が「入院し夢を追いかけて」のテーマで発表し、高橋君が特別賞を受けた。会場には県内各地から中学生、学校関係者、保護者らがたくさん詰めかけ、壇上で繰り広げられる発表に熱心に聴き入っていた。

(1999/ 9/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。