PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
動物愛護大会 盲導犬の藤田長岡市議が講演

 県動物愛護協会柏崎支部(金子錦弥支部長)、柏崎保健所が3日、市内宝町の柏崎ベルナールで「柏崎動物愛護大会」を開き、視覚障害を持つ長岡市議・藤田芳雄氏の講演を聴いた。席上、実行章や飼育功労の表彰を行って、動物愛護精神への関心を高めた。

 藤田氏は「盲導犬オパールと私―新たな旅立ちのパートナー」のテーマで、失明の宣告を受け、孤独に悩んだ青年時代、新しい生き方を発見した盲学校時代を振り返り、「これまでの人生で最大の出会いはオパールだった。視覚障害になり、出来なくなることが増える中で、手紙を出したり、コンビニに行くことの出来る喜びは何物にもかえがたい」と述べた。また「オパールがいれば、今までの経験をまちづくりのために生かすことが出来るかも知れないと市議選に立候補した。犬が与えてくれた大きな勇気だ」と、かたわらのオパールに感謝した。

 講演に先立ち、たくさんの犬や猫を適正な環境を飼育したり、長年にわたって里親探しをしている人たちを対象にした動物愛護実行章、長寿の犬や猫を飼育している人たちを対象にした長寿動物飼育功労者として、次の人たちをたたえた。

【動物愛護実行章】
 ▽飛鳥井勲(矢田)▽穴沢昭二(朝日が丘)
 ▽石口正雄(曽地)▽猪爪サク(駅前)
 ▽伊部源一(土合)▽植木英世(野田)
 ▽内山兼治(小国町)▽大橋勇(穂波町)
 ▽小俣政市(谷根)▽中島庚寿朗(加納)
 ▽中村正子(東の輪)▽広川恵美子(刈羽村)

【長寿動物飼育功労】 犬の部 ▽18歳  入沢進(マリ、柏崎市)、政池淑子(ファミー、同)、  山田仁(テンダー、同) ▽17歳  植木忠男(ルー、同)、打矢康二(クマ、同)、  柿村公男(コロ、同)、近藤庄平(ムサシ、刈羽村)、  高野捷朗(コロ、柏崎市)、平野隆(ジャッキー・同)、  渡辺輝雄(コロ、同)▽16歳=安中由美子(ジョリー、同)、  猪爪一郎(ナナ、同)、押見信秀(クロ、西山町)、  神林敏昭(アベル、柏崎市)、小林英也(チャック、同)、  高橋晃(パル、同)、中沢尚武(マリ、同)深田勝信(コロ、同) ▽15歳  青柳喜三郎(ポンタ、同)、池嶋健一(メリー、同)、  伊比庄栄(くろ子、西山町)、今井吉之助(タロウ、高柳町)、  大橋正利(マッチ、柏崎市)、金子錦弥(ムク、同)、  高橋幸三(ラッキー、同)、中村幸平(チビ、同)、  中村富夫(バロン、同)、萩野浩樹(チビ、刈羽村)、  長谷川満(キャロル、柏崎市)、舟岡茂栄(きち、同)、  渡辺孝(サブ、同)、

猫の部  ▽15歳=吉田巌(ダン、柏崎市)、沢田ミイ子(ナナ、同)

(1999/10/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。