PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
西山町大池でハクチョウ飛来に備えハス刈り

 ハクチョウの飛来シーズンを前に、越冬地で知られる西山町長嶺の大池で15日、水面確保のため住民がハス刈りに精を出した。

 大池は国道116号の北側にある外周約1キロのため池。オオハクチョウの名所で知られ、県の鳥類生息調査地点の1つでもある。近年ハスが急速に増え、一部で水面を覆うほどに広がったため、2年前から飛来前のハス刈りを行っている。

 今年はあいにくの雨の中、ボート3そうを繰り出し、住民10人が北側のハスと草を刈った。周辺では県事業で昨年度までに駐車場、トイレが整備されたのに続き、今年度は休憩施設などの環境整備が行われていることから、ハクチョウ見物には絶好のポイントになりそうだ。例年なら今月下旬ごろ、第一陣のハクチョウ飛来が見られるという。

(1999/10/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。