PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
ハルピン理工大が学術交流の工科大訪問

 市内藤橋、新潟工科大学(阿部武雄学長)は19日、学術交流協定の覚書を交わす中国黒竜江省のハルビン理工大学(X中興学長)から副学長ら5人を迎え、今後の交流促進などについて意見を交わした。

 一行は団長の高軍副学長をはじめ、学長補佐、教授ら。両大学は平成8年、学術交流に関する覚書をハルビンで交わし、相互訪問を続けている。ハルビン側の訪問は4回目。新潟工科大は9年度から毎年1人、客員研究員を受け入れ、昨年は学生の研修交流団を派遣した。工科大はこのほか、昨年、韓国の建国大学とも覚書を交わし、2年続きで学生を派遣している。

 懇談会で阿部学長は「国内外との人的、技術的交流を積極的に目指している。貴学とはこれまで以上に活発な交流を進めたい」とあいさつ。高副学長は「互いのきずなが深まり、学問領域がさらに幅広く持てるようになりたい」と述べた。懇談では、中国で民間の大学が急速に増えていることが報告され、工科大学の管理・運営システムなどについて質問、要望が出た。

(1999/10/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。