PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
海のF1レース 柏崎誘致に向けて動き出す

 海のF1レースといわれるパワーボート「フォーミュラーワン」の全日本シリーズ第3戦(全6戦)を柏崎に来年誘致しようと、柏崎観光青年クラブ(高野仁司会長)の有志が実行委員会の旗揚げに動き出した。この事業は財団法人・マリンスポーツ財団が主催して1991年から毎年全国各地を転戦する形で行われている。実現すれば同大会史上初めて日本海での開催となる。

 大会の見所は時速200キロにも達するパワーボートの競技。同時に行われる全日本ジェットスポーツ(水上オートバイ)のフリースタイル選手権も華だ。

 関係者の話では「主催者側から申し入れがあったもので、こちらの受入れ態勢さえ整えば実現する」とのこと。ただ大会運営費の地元負担金約500万円のねん出が大きな課題だ。

 マリンスポーツ財団から示されている計画の概要は次の通り。

▽日程=平成12年7月1日・2日
▽会場=市内みなとまち海浜公園
▽競技=F3000シリーズ第3戦(参加数20―30艇)、全日本ジェットスポーツフリースタイ ル選手権シリーズ第3戦(40―50艇)、スーパーキッズボートレース(子供対象)

(1999/10/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。