PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
小国町長選告示 議長経験者一騎打ち

 任期満了に伴う小国町長選挙が1日告示され、ともに無所属新人の元町議会議長・大橋義治氏(69)、前町議会議長・布施和男氏(66)が立候補を届け出て、6日の投票日に向けて5日間の選挙戦に入った。立候補の受け付けは同日午後五時まで行われるが、町内では他に出馬の動きはなく、両候補による一騎打ちとなる見通しだ。

 同町では、創価学会が同町に計画した墓地をめぐり、2年以上にわたって町を2分した議論が繰り広げられた。今年に入ってからは町議会解散投票、出直し町議選が行われ、さらに7期28年間町政を担当した牧野功平町長の引退表明を受けての選挙戦となった。

 大橋氏は墓地計画の反対組織が結成した「民主町政をすすめる町民の会」の推薦。布施氏は、墓地反対派が請求した町議会解散に対し議長の立場から「反対する会」会長を務めた。墓地問題は学会による白紙撤回で、町長選の争点ではなくなったが、その対立構図を引きずった戦い。21世紀を目前にして新しい町づくりをどう進めていくかを住民に問う形となった。

 墓地問題で長く町内にあった政治地図が塗り替えられ、各方面でねじれを生じたことから、7月10日に相次いで出馬表明をした両候補とも新しい陣営組織の組み立てに奔走。混とんとした情勢の中で選挙戦本番を迎えた。

 町選挙管理委員会がまとめた7月31日現在の有権者数は6,144人(男3,004人、女3,140人)。

(2000/ 8/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。