PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
猛暑ので小中学生290人余が写生大会

 夏休み恒例の小・中学生写生大会(市美育しんこう会、郡美術教育研究会主催)が3日、市内の各所で行われ、うだるような猛暑の中にもかかわらず、子供たちが熱心に絵筆を走らせた。

 大会は今年で46回目。写生を通して、子供たちから豊かな創造力、美的情操を養ってもらったり、たくさんの友だちをつくってほしいとの願いが込められた。前年よりも6校・60人以上も増え、柏崎刈羽の35校の小学5年生から中学3年生まで合わせて294人が集まった。

 一中で開会式を行った後、柏崎神社やアクアパーク、東・西本町通りなど思い思いの場所でスケッチ。午後までかけて、色塗りに取り組み、作品の完成を目指した。それらを約四十人の先生たちが審査に当たり、大図政士・同しんこう会長は「ていねい に描かれた作品や画面構成の工夫が見られる作品が多かった。もう少し時間をかければもっとすばらしい作品になるものも見られたが、全般には力作ぞろいだった」と講評した。

会長賞、特選は次の通りで、柏崎米山ライオンズクラブから盾が贈られた。

【会長賞】

▽小学5年=木村雄騎(北鯖石)
▽同6年=高沢古都乃(荒浜)
▽中学1年=石崎麻里子(瑞穂)
▽同2年=江村裕美(小国)
▽同3年=下條友美(瑞穂)

【特選】

▽小学5年=柳貴洋(南鯖石)、杉田萌乃(柏崎)
▽同6年=原久美子(下小国)、山岸春佳(中通)、外山加奈子(田尻)
▽中学1年=高橋昭太(小国)、岩崎茉沙美(同)
▽同2年=高野悠(瑞穂)、大野佳織(二中)
▽同3年=品田智香(松浜)、池田綾子(瑞穂)

(2000/ 8/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。