PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
柏崎関係の4競技が本国体出場を決める

 長野県で行われた第21回北信越国民体育大会の29競技が27日までに終了した。柏崎からは9競技に選手が出場し、ボクシング、ラグビーの成年男子、ソフトテニス、サッカーの少年男子の4競技で本国体出場を決めた。

 ボクシングの成年男子決勝で昨年度国体2位の市内曽地出身の東京農大4年・安達淳選手が森下孝和選手(福井)を破り、ラグビー成年男子決勝では本県代表が長野を下し、ともに優勝で本国体出場を決めた。また、ソフトテニス少年男子はリーグ戦を2勝1敗の2位で、サッカー少年男子は第3代表決定戦で長野に勝ち、それぞれ本国体に駒を進めた。

【ボクシング】

▽成年フェザー級決勝
安達 淳(東農大) RSC 森下孝和(福井・武生ク)

 【ラグビー】

▽成年男子1部決勝
新  潟 38―12 長  野

【ソフトテニス】

▽少年男子リーグ戦
新  潟 3―0 福  井
新  潟 2―1 長  野
石  川 3―0 新  潟

1)石川3勝
2)新潟2勝1敗

【サッカー】

▽少年男子第3代表決定戦
新  潟 2―0 長  野

【軟式野球】

▽一般A決勝
ルビコン(長野) 8―0 市 役 所

【ホッケー】

▽成年男子決勝
福  井 2―0 新  潟
▽少年女子準決勝
福  井 10―0 新  潟

【バスケットボール】

▽少年男子決勝
福  井 84―66 新  潟

【ハンドボール】

▽成年男子準決勝
石  川 33―21 新  潟

【卓球】

▽少年男子リーグ戦
1)石川(3勝)
4)新潟(3敗)

(2000/ 8/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。