PHOTOニュース

施策の提案書を桜井市長に提出した間島チームリーダー(前列右から3人 目)をはじめ、移住・定住推進パートナーチーム=市役所多目的室 (2022/10/04)


柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)

>>過去記事一覧
市長選、両候補が火花

 12日告示された柏崎市長選は、19日の投票日を目指して早くも選挙戦半ば。無所属新人の前共産党市議・村山史彦候補(65)と、無所属現職の西川正純候補(57)が、初日からの対決ムードをさらに強めて火花を散らせている。

 村山候補は、1日平均20回の街頭演説を最重点に、陣営ではビラも配布。「短期間で全有権者に声を届けるには街頭活動の方がいい」として、個人演説会は計画なし。街頭演説では、柏崎刈羽原発のプルサーマル計画を西川市長が容認したことを厳しく批判し、「市長が認めればそれでいいというのでなく、住民投票で判断を」とプルサーマル前面の戦いを継続中だ。

 3回目の市長選となった西川候補は「今回は徹底的にやる。法の範囲内でできることはすべてやる」と強い姿勢を見せ、個人演説会も前回同様、毎晩3会場ずつびっしり。相手候補への反論も行い、演説会でも福祉や民生の実績を紹介して「何でも言うのは簡単だが、それをどれだけ責任を持ってやれるかだ」と強調。陣営ではビラも用意し、攻勢をかけたいとしている。 (2000/11/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。